WTAニュース

地元のラーションが前年覇者を倒してWTAツアー初優勝、ダブルスも制覇 [コレクター スウェーディッシュ・オープン]

 スウェーデン・バスタッドで開催された「コレクター スウェーディッシュ・オープン」(7月13~19日/WTAインターナショナル/クレーコート/25万ドル)のシングルス決勝で、第7シードのヨハンナ・ラーション(スウェーデン)がディフェンディング・チャンピオンで第4シードのモナ・バートル(ドイツ)を6-3 7-6(2)で破り、シングルスでのWTAツアー初優勝を飾った。試合時間は1時間41分。

 地元スウェーデンのラーションは、この大会では2011年と13年にも決勝進出。2011年はポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)に4-6 5-7で、2013年にはセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に4-6 1-6で敗れ、いずれも準優勝に終わっていた。

 ラーションはキキ・バーテンズ(オランダ)とのペアで出場したダブルスでも決勝を戦い、タチアナ・マリア(ドイツ)/オルガ・サブチュク(ウクライナ)を7-5 6-4で下して単複2冠を獲得した。


※写真はリオ・オープンでのヨハンナ・ラーション
Photo:RIO DE JANEIRO, BRAZIL - FEBRUARY 16: Johanna Larsson of Sweden returns a shot to Maria-Teresa Torro-Flor of Spain during the Rio Open at the Jockey Club Brasileiro on February 16, 2015 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu