マイページ

WTAニュース

奈良くるみと予選突破の桑田寛子が出場、青山修子のダブルスは第2シード [シティ・オープン]

 アメリカ・ワシントンDCで開催される「シティ・オープン」(7月28日~8月3日/賞金総額 25万ドル)に、奈良くるみ(安藤証券)が出場する。世界ランキング40位の奈良は本戦ダイレクトインとなり、1回戦の対戦相手は第7シードのマディソン・キーズ(アメリカ)に決まった。

 この大会の予選に第7シードで出場していた桑田寛子(島津製作所)は、1回戦でSanaz MARAND(アメリカ)を7-5 7-5、続く予選決勝ではステファニー・ドゥボワ(カナダ)を4-6 6-2 7-6(3)で下し、本戦入りを果たした。WTAツアー初挑戦で本戦出場を決めた桑田は、1回戦でアリソン・リスク(アメリカ)と対戦する。

 奈良と桑田はペアを組んでダブルスにも出場しており、初戦でニコラ・スレーター/エミリー・ウェブリー スミス(イギリス)と顔を合わせる。

 ダブルスには大会2連覇中の青山修子(近藤乳業)がガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)とのペアで出場。第2シードの青山組は初戦となる2回戦で、イリーナ・ファルコーニ/ケリ・ウォン(アメリカ)とワイルドカード(主催者推薦枠)のロクサーヌ・エリソン/シエラ・エリソン(アメリカ)の勝者と対戦する。

 シティ・オープンはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス14ドローで争われる。


【上位出場選手シード順位(シングルス)】

アリゼ・コルネ(フランス)[3]

※[ ]数字はシード順位、文中の世界ランクは7月28日付

※写真はウィンブルドン出場時の奈良くるみ

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu