WTAニュース

エラーニ、ジョルジなどがベスト8に進出 [ニュルンベルガー・ガシュタイン・レディース]

 7月7日からオーストリア・バドガシュタインで開幕した「ニュルンベルガー・ガシュタイン・レディース」(インターナショナル/クレー/25万ドル)。

 サラ・エラーニ(イタリア)がパウラ・オルマチェア(アルゼンチン)を6-3 6-0で下し、今季8度目となるツアー大会のベスト8に進出した。

 エラーニは第2シード。先週のウィンブルドンではダブルスで優勝したばかり。この試合では第1セットで2度のブレークを許したものの、第2セットでは自分のサービスゲームでわずかに4ポイントしか許さないプレーを見せての勝利だった。

 エラーニの準々決勝の相手はシャネル・スケッパーズ(南アフリカ)で、スケッパーズはディフェンディング・チャンピオンのイボンヌ・メウスブルガー(オーストリア)を4-6 6-1 6-2で破ってのベスト8進出となっている。

 その他、シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)が世界16位のカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を6-4 6-0で倒して、WTAツアーでは初となるベスト8入りを決めている。

 ロジャーズは予選の3試合を勝ち抜いての本戦入りで、準々決勝ではカミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。ジョルジはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のリサ マリア・モゼル(オーストリア)を6-0 6-2で下しての勝ち上がりとなっている。(C)AP

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu