マイページ

WTA(女子ツアー)

奈良くるみはペン・シューアイに2時間41分のフルセットで敗退 [江西オープン]

※写真は「江西オープン」(中国・南昌)の1回戦で第2シードのペン・シューアイにフルセットで敗れた奈良くるみ(全仏オープンでのもの)

「江西オープン」(WTAインターナショナル/中国・江西省南昌/7月24~30日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、奈良くるみ(安藤証券)は第2シードのペン・シューアイ(中国)に5-7 6-4 3-6で敗れた。試合時間は2時間41分。

 昨年の大会に出場した奈良は、2試合を勝ち抜いて準々決勝に進出し、優勝したドゥアン・インイン(中国)に1-6 5-7で敗れていた。

 この結果でペンは、奈良との対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。両者は2014年に2度対戦し、1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の1回戦は奈良が7-5 4-6 6-3で、5月のマドリッド(WTAプレミア・マンダトリー/クレーコート)の1回戦ではペンが6-2 6-3で勝っていた。

 ペンは2回戦で、テレザ・マルティンコバ(チェコ)とアラ・クドリャフツェワ(ロシア)の勝者と対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「江西オープン」(中国・南昌)の1回戦で第2シードのペン・シューアイにフルセットで敗れた奈良くるみ(全仏オープンでのもの)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

2017年8月の「ロジャーズ・カップ」での錦織圭

2017.11.22

錦織圭、ナイキ本社を訪れ2018年のシューズについて話し合う

2017年の「全豪オープン」の試合でフェデラーとすれ違う錦織

2017.12.05

錦織もジョコもマレーも。トップ選手たちが「全豪オープン」で続々GSカムバックの見込み

「全米オープン」で優勝した際のナダル

2017.12.05

ナダルに見るプロテニス選手のお金の使い道とは?

引退セレモニーでの伊達公子さん

2017.12.05

伊達公子さん「半端ない痛みに耐えた」無事に手術を終え退院

2017.03.21

ワウリンカが、笑うフェデラーに手向けた友情のこもった罵り言葉