マイページ

WTA(女子ツアー)

穂積絵莉/加藤未唯は第6シードに敗れて8強入りならず [BNL イタリア国際]

※写真は全豪オープンでの穂積絵莉(右)/加藤未唯

「BNL イタリア国際」(WTAプレミア5/イタリア・ローマ/5月15~21日/賞金総額307万6495ユーロ/クレーコート)の女子ダブルス2回戦で、穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)/加藤未唯(佐川印刷)は第6シードのアビゲイル・スピアーズ(アメリカ)/カタリナ・スレボトニク(スロベニア)に2-6 5-7で敗れた。試合時間は1時間17分。

 今シーズンの穂積/加藤は、1月に全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で日本人ペアとして史上初の4強入り。2週間前の岐阜(ITF8万ドル/ハードコート)と前週のローマ(ITF2.5万ドル/クレーコート)でタイトルを獲得していた。今大会の1回戦では、サマンサ・ストーサー(オーストラリア)/ジャン・シューアイ(中国)を6-2 6-4で破って勝ち上がっていた。

 スピアーズ/スレボトニクは準々決勝で、前週のマドリッド(WTAプレミア・マンダトリー/クレーコート)で優勝を飾った第2シードのチャン・ユンジャン(台湾)/マルチナ・ヒンギス(スイス)と対戦する。チャン/ヒンギスは2回戦で、日比野菜緒(LuLuLun)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)を4-6 7-5 [11-9]で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は全豪オープンでの穂積絵莉(右)/加藤未唯

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu
春のテニスデイリープレゼントキャンペーン2018