マイページ

WTA(女子ツアー)

セレナ欠場でケルバーがトップシード、女子のドローが決定 [BNPパリバ・オープン]

 アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズで開催される「BNPパリバ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/3月8~19日/賞金総額769万9423ドル/ハードコート)の女子シングルス・ドローが決定した。

 大会直前にセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が膝の故障を理由に棄権したため世界1位を欠いた大会となったが、トップ10のうちセレナを除いた9選手が顔を揃えている。

 セレナの欠場で世界2位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)は、すでに1位返り咲きが決まった状況だ。

 (セレナの欠場が直前だったため)ケルバーは第2シードで、ドローのボトムハーフ(下半分)に位置する。ボトムハーフでケルバーの次にシードが高い選手は第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)だ。

 ケルバーの1回戦はBYE(免除)で2回戦が初戦。対戦相手はバニア・キング(アメリカ)とアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)の試合の勝者となる。ケルバーが勝った場合、次に対戦する可能性があるシード選手は第27シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)だ。

 ドローのトップハーフ(上半分)のセレナが抜けた穴には第3シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が入った。プリスコバも初戦が2回戦で、対戦相手はリオ五輪金メダリストのモニカ・プイグ(プエルトリコ)とワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のダニール・コリンズ(アメリカ)の試合の勝者となる。

 トップハーフでプリスコバの次にシードが高い選手は第5シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)。

 1月の全豪オープン決勝でセレナに敗れて準優勝だったビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)は第12シードをつけ、ドローのボトムハーフ(下半分)の下半分にいる。ビーナスが勝ち上がった場合、最初に顔を合わせる可能性のあるシード選手は第20シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)。両者は全豪オープン準決勝で対戦している。

 日本からは土居美咲(ミキハウス)、大坂なおみ(日清食品)、奈良くるみ(安藤証券)、尾﨑里紗(江崎グリコ)の4選手が出場。尾﨑は予選2試合を勝ち抜いた。

 1回戦で、奈良がワイルドカードのケイラ・デイ(アメリカ)と、土居が予選勝者のアネット・コンタベイト(エストニア)と、そして大坂と尾﨑が対戦する。

◇   ◇   ◇

【女子シングルス・ドロー表(シード選手のみ)】※シングルスは96ドロー、以下はシード選手のみ ※[ ]数字はシード順位

イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)[29]

キキ・バーテンズ(オランダ)[18]

エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[10]
ダリア・ガブリロワ(オーストラリア)[24]

ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[7]

----------

ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)[5]
ダリア・カサキナ(ロシア)[33]

アナスタシア・パブリゥチェンコワ(ロシア)[19]

ジョハナ・コンタ(イギリス)[11]
カロリーヌ・ガルシア(フランス)[21]

ロベルタ・ビンチ(イタリア)[26]

--------------------

マディソン・キーズ(アメリカ)[9]


サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[16]

シモナ・ハレプ(ルーマニア)[4]

--------

アグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)[6]
アナ・コニュ(クロアチア)[31]

ココ・バンダウェイ(アメリカ)[20]
ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[12]

エレナ・ベスニナ(ロシア)[14]
ティメア・バボス(ハンガリー)[25]

ユリア・プティンセバ(カザフスタン)[27]



※写真は「BNPパリバ・オープン」に出場するスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア/左)、マテック・サンズ(アメリカ/中央右)、トーナメント・ディレクターのトミー・ハース(右)
Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 07: WTA players Svetlana Kuznetsova and Bethanie Mattek-Sands pose with celebrity chef Wolfgang Puck and tournament director Tommy Haas during the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 7, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu