マイページ

WTA(女子ツアー)

尾﨑里紗が2年連続予選突破、1回戦で大坂なおみと対戦へ [BNPパリバ・オープン]

「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月8~19日/賞金総額769万9423ドル/ハードコート)の予選に第9シードで出場していた尾﨑里紗(江崎グリコ)が、決勝でサマンサ・クロフォード(アメリカ)を1-6 6-3 7-6(5)で下して本戦初出場を決めた。試合時間は2時間11分。
 尾﨑は1回戦で、大坂なおみ(日清食品)と対戦する。昨年の大会でも予選突破を果たした尾﨑は、1回戦でユージェニー・ブシャール(カナダ)に6-2 4-6 2-6で敗れていた。
 この大会の予選には日比野菜緒(LuLuLun)と青山修子(近藤乳業)も出場していたが、第18シードの日比野が予選決勝で第11シードのマグダ・リネッテ(ポーランド)に、青山は1回戦で第14シードのパトリシア マリア・ティーグ(ルーマニア)に敗れた。
 そのほかの日本勢は、土居美咲(ミキハウス)と奈良くるみ(安藤証券)がシングルスに、ヤン・ザオシャン(中国)とのペアで青山がダブルスに出場。初戦の対戦相手は土居が予選勝者のアネット・コンタベイト(エストニア)、奈良がワイルドカード(主催者推薦枠)のケイラ・デイ(アメリカ)、青山/ヤンは前週のクアラルンプール(WTAインターナショナル/ハードコート)で優勝したばかりのアシュリー・バーティケーシー・デラクア(ともにオーストラリア)に決まった。
 BNPパリバ・オープンは、WTAツアーで年間4大会開催されるツアー最高格付け(WTAプレミア・マンダトリー)の大会の今季第1戦目で、シングルス96、ダブルス32ドローで争われる。
※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位
◇   ◇   ◇
日本人選手予選結果
【予選決勝】
○33尾﨑里紗(江崎グリコ)[9] 1-6 6-3 7-6(5) ●35サマンサ・クロフォード(アメリカ)
●44日比野菜緒(LuLuLun)[18] 1-6 6-7(9) ○41マグダ・リネッテ(ポーランド)[11]
------------
【予選1回戦】
○33尾﨑里紗(江崎グリコ)[9] 6-4 6-4 ●34ベロニカ・セペデ ロイグ(パラグアイ)
○44日比野菜緒(LuLuLun)[18] 4-6 6-2 7-6(1) ●43アナ・ボグダン(ルーマニア)
●47青山修子(近藤乳業)0-6 2-6 ○48パトリシア マリア・ティーグ(ルーマニア)[14]
------------------------
【上位出場選手シード順位(シングルス)】
セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[1]※欠場
シモナ・ハレプ(ルーマニア)[4]
ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)[5]
アグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)[6]
ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[7]
※写真は全豪オープンでの尾﨑里紗

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu