マイページ

WTA(女子ツアー)

日比野菜緒は準優勝、20歳のバーティがシングルスで初のツアー制覇 [マレーシア・オープン]

 「マレーシア・オープン」(WTAインターナショナル/マレーシア・クアラルンプール/2月27日~3月5日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、日比野菜緒(LuLuLun)は予選から勝ち上がってきたアシュリー・バーティ(オーストラリア)に3-6 2-6で敗れ、2015年10月のタシケント(WTAインターナショナル/ハードコート)以来となるWTAツアー2勝目はならなかった。試合時間は1時間13分。

 今大会に2年連続出場となった日比野は、1回戦でマリナ・ザネフスカ(ベルギー)を7-5 4-6 6-2で破って勝ち上がり、2回戦ではディフェンディング・チャンピオンで第1シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)の棄権による不戦勝で8強入り。準々決勝はレスレイ・カークホーブ(オランダ)を7-6(4) 6-3で、準決勝ではマグダ・リネッテ(ポーランド)を2-6 6-4 6-4で破ってキャリア3度目のツアー決勝進出を果たしていた。初出場だった前回は1回戦で、ドゥアン・インイン(中国)に4-6 2-6で敗れていた。

 この結果でバーティは、日比野とのジュニア時代からの対戦成績を4勝1敗とした。前回の対戦は2013年9月の東京(WTAプレミア/ハードコート)の予選で、バーティが7-5 6-4で勝っていた。

 20歳のバーティはシングルスでは今回がツアー初優勝。ケーシー・デラクア(オーストラリア)とのダブルスでも決勝進出を果たしているバーティは、単複2冠をかけて第4シードのニコール・メリチャー(アメリカ)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)と対戦する。


Photo:KUALA LUMPUR, MALAYSIA - MARCH 05: Nao Hibino of Japan Plays a forehand shot to Ashleigh Barty of Australia during the Final of the 2017 WTA Malaysian Open at the TPC on March 5, 2017 in Kuala Lumpur, Malaysia. (Photo by Stanley Chou/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu