マイページ

WTA(女子ツアー)

世界1位のケルバーは前哨戦2大会で“1勝”に終わり、全豪へ [アピア国際シドニー]

 オーストラリア・シドニーで開催されている「アピア国際シドニー」(WTAプレミア/1月8~13日/賞金総額71万900ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、世界1位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)がダリア・カサキナ(ロシア)に6-7(5) 2-6で敗れた。

 1回戦がBYE(免除)だったケルバーにとってこれはシドニーでの初戦であり、早くも来週始まる全豪オープンでタイトル防衛を目指す上で痛いつまずきだった。
 
 昨年の全豪と全米でキャリア初と2番目のグランドスラム・タイトルを獲得したケルバーは、2017年のブリスベンとシドニーの前哨戦2大会でたった1勝というお粗末な成績で新シーズンを始めた。全豪オープンは16日の月曜日からスタートする。
 
 「年初の試合は、常に難しいものよ。私はまだ、自分のリズムをつかめていない。私は今日ミスをおかしすぎたわ。ボールを感じとることができていないの」とケルバー。「ただ、これは今年2つ目の大会にすぎない。まだまだ先は長いわ。だから、今日のあの試合に関して大げさに騒ぎ立てたりはしない」。
 
 カサキナはケルバーのサービスを5度ブレークし、トップ5プレーヤーに対する初勝利を記録した。
 
 「今の気持ちを表現するのは難しいわ。私は世界1位の選手を倒した。それはめったに起きることじゃないわけだから」と19歳のカサキナはキャリア最高の番狂わせを演じたあとの気持ちを尋ねられ、こう答えた。「この勝利で自信をつけることができると思う」。
 
 カサキナはこの勝利で準々決勝に進出し、そこで第6シードのジョハナ・コンタ(イギリス)と対戦する。コンタはダリア・ガブリロワ(オーストラリア)を6-1 6-3で倒した。
 
 ユージェニー・ブシャール(カナダ)はシーズン初のグランドスラムに向け、復活の疾走を続けている。彼女は2回戦で、WTAファイナルズ優勝者で第3シードのドミニカ・チブルコバ(チェコ)を6-4 6-3で下して準々決勝に進出した。
 
 ブシャールはチブルコバに対する対戦成績を4勝1敗に延ばした。チブルコバは世界5位であり、昨年末のWTAファイナルズで優勝を遂げたあともっとも目覚ましい復活を果たした選手に与えられるWTAの2016年カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた選手である。
 
 「世界最高峰の選手と戦うたびに、自分が今どの位置にいるかの目安を得ることになる」とワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したブシャールは言った。「ドミ(チブルコバ)と試合をするたびに、私たちはこの上なくタフな戦いをすることになるの。私は彼女との戦いに頻繁に勝っている。でも誰に対しても戦いは厳しいわ」。
 
 ブシャールは第2セットの序盤にブレークを果たしたが、そのあと自分のサービスを落としてチブルコバに体勢を立て直すことを許してしまう。しかしブシャールはすぐにブレークに成功し、そこでつかんだ優勢をキープして、結局ストレートで勝利をつかんだ。

 彼女は試合後、自分がここにきての向上は、コーチであるトーマス・ホグステッドの功績によるところが大きいと言った。
 
 ブシャールはブレイクの年となった2014年に全豪と全仏の準決勝に進出し、ウィンブルドンでは準優勝を果たした。しかし、それ以来、彼女は一度しかグランドスラムで4回戦を超えることができておらず、昨年末にはランキングも46位にまで落ちていた。
 
 8月のシンシナティ以来、初めて一大会で2勝した彼女は、準々決勝でアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)と対戦する。パブリウチェンコワは前年度覇者で第5シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)を7-5 6-3で倒した。
 
 「私は今週、堅実な数歩を踏んだけれど、自分がいたい場所からはまだはるかに離れている」とブシャール。「今日は勝ったとはいえ、多くの面でよりよいプレーができたと思う」。
 
 元世界ナンバーワンで第10シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)はユリア・プティンセバ(カザフスタン)を6-0 7-5で破り、バーボラ・ストリコバ(チェコ)との準々決勝へ駒を進めた。ストリコバは第9シードのロベルタ・ビンチ(イタリア)を6-2 6-3で下した。
 
 世界3位で第2シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)はクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)を7-6(1) 6-1で倒した。彼女は次のラウンドで、予選勝者のドゥアン・インイン(中国)と対戦する。ドゥアンはココ・バンダウェイ(アメリカ)を6-3 6-2で下して準々決勝進出を決めた。(C)AP

Photo: SYDNEY, AUSTRALIA - JANUARY 10: Angelique Kerber of Germany reacts after loosing a point in her second round match against Daria Kasatkina of Russia during day three of the 2017 Sydney International at Sydney Olympic Park Tennis Centre on January 10, 2017 in Sydney, Australia. (Photo by Brett Hemmings/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

練習を再開した錦織圭(ウィンブルドンのときのもの)

2017.10.21

右手首故障の錦織圭がラケットを使用した練習を再開

「ストックホルム・オープン」でベスト8進出を決めた杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.19

杉田が元世界8位を破りベスト8進出。デル ポトロとの対戦が濃厚[ストックホルム・オープン]

「上海ロレックス・マスターズ」優勝を飾ったフェデラー

2017.10.15

フェデラーが王者ナダルを圧倒しマスターズ通算27個目のタイトルを獲得[上海ロレックス・マスターズ]

「ストックホルム・オープン」で2回戦へ進出した杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.17

杉田が大逆転で2回戦進出へ[ストックホルム・オープン]

「上海ロレックス・マスターズ」で優勝したフェデラーと準優勝のナダル

2017.10.16

フェデラーとナダルのライバル関係は熱いまま