マイページ

WTA(女子ツアー)

世界1位のケルバーが準々決勝へ、スビトリーナと対戦 [ブリスベン国際]

 オーストラリア・ブリスベンで開催されている 「ブリスベン国際」(WTAプレミア/1月1~7日/賞金総額100万ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、第1シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)はプレーした3セットの間、世界1位らしく相手を圧倒した。

 相手は2011年ウィンブルドン・ジュニアチャンピオンで、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したアシュリー・バーティ(オーストラリア)。20歳のバーティの果敢なプレーの前に、ケルバーは一時、自らのサービスの不調に苦しめられたが乗り越えた。バーティは2014年の全米オープンを最後にクリケット選手としてのキャリアを追求するため2年近くテニスから離れ、昨年5月のITF大会から復帰した。

 ケルバーは5本目のサービスエースで、この試合を6-3 2-6 6-3で締めくくった。

 ケルバーの準々決勝の相手は第6シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)だ。スビトリーナは2016年にふたりのナンバーワン・プレーヤー(ケルバーとセレナ・ウイリアムズ)を倒した唯一のプレーヤーとして知られる。

 「オーストラリアに戻って来ることができて、すごくうれしいわ。ここは昨年私がブレークを果たした場所だから」とケルバー。

 「気分はいい。ここには昨年の経験からくる素晴らしい思い出があるから。もちろん今の状況は12ヵ月前とはまったく違っているけれど、ここに来て、ここで試合を始めるというのはいいものだわ。2016年とは違った年になると思うけど、準備はできていると感じている」

 前回、ブリスベンに来て以来、12ヵ月の間にケルバーは2つのグランドスラム・タイトルを獲得し、セレナから世界ナンバーワンの座を奪い取った。
 
 昨年、この大会で決勝に進出し、“ブレークのシーズン”を始めたケルバーは、全豪オープンと全米オープンで優勝。リオ・オリンピックとウィンブルドンで決勝に進出した。そのケルバーのこの日の試合は、これまでのようにすべてがスムーズに進んだわけではない。彼女は第1セットで3つのブレークポイントをしのいだが、第2セットでは5度のダブルフォールトをおかしてバーティに2度ブレークされてセットを奪われることになった。

 ケルバーは第3セットでリズムを取り戻してエラーを減らし、同時にバーティの挑戦のほうもやや燃料切れとなった。

 一方、今大会を湧かせていた16歳のデスタニー・アイアバ(オーストラリア)は、WTAツアーの本戦で勝利を挙げた初の2000年代生まれのプレーヤーとなった翌日に2回戦を戦い、グランドスラム優勝歴2回のスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)に4-6 3-6で敗れた。

 「多くを学んだわ」とアイアバ。「私はこの世界に属しているのだと実感し、自分のテニスと自分自身に自信を得たと思う」と言い添えた。

 アイアバは故郷のメルボルンに戻り、そこで来週行われる彼女にとって最初のグランドスラム出場の準備をするために、エキシビションに出場する予定だ。彼女は全豪オープンにワイルドカード(主催者推薦枠)で出場することになっており、そこでもやはり、グランドスラムの本戦に出場した最初の2000年代生まれのプレーヤーとなることが予期されている。

 第5シードのクズネツォワは準々決勝で、全仏覇者で第4シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)と対戦する。

 第2シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)は昨年末のWTAファイナルズ優勝以来、初の公式戦となる2回戦を戦い、第1セットを落としたあと、第2セットではワンブレークを許しながらも挽回してジャン・シューアイ(中国)を2-6 6-4 6-4で倒した。

 チブルコバの準々決勝の相手は、クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)を6-2 6-1で破って勝ち上がったアリゼ・コルネ(フランス)だ。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: BRISBANE, AUSTRALIA - JANUARY 04: Angelique Kerber of Germany plays a forehand against Ashleigh Barty of Australia on day four of the 2017 Brisbane International at Pat Rafter Arena on January 4, 2017 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)のシングルスで予選からベスト4進出を決めた加藤未唯

2017.09.15

加藤未唯が自身初のツアー準決勝進出「最後まで気持ちがぶれずにできた」 [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第2試合でブラジルのチアゴ・モンテーロをフルセットで倒した添田豪 Photo: OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Go Soeda of Japan celebrates after winning his singles match against Thiago Monteiro of Brazil during day one of the Davis Cup World Group

2017.09.15

添田豪が相手エースのモンテーロをフルセットで倒し、日本が初日2勝 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]