マイページ

WTA(女子ツアー)

チブルコバが今季3度目の優勝、WTAファイナルズ出場権を獲得 [ジェネラリ・レディース・リンツ]

 オーストリア・リンツで開催された「ジェネラリ・レディース・リンツ」(WTAインターナショナル/10月10~16日/賞金総額25万ドル/室内ハードコート)のシングルス決勝で、第2シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)がビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)を6-3 7-5で倒して今季3つ目、キャリア7つ目のタイトルを獲得した。
 
 この勝利で世界10位のチブルコバは、初のWTAファイナルズ(10月23~30日/シンガポール)出場も決めた。今年は4月のカトヴィツェ、6月のイーストボーンで優勝、さらにほかの3大会でも決勝に進出していた。
 
 チブルコバは最初のマッチポイントをサービスのウィナーでものにすると、コートに仰向けに倒れて喜びの叫びを上げた。

 「本当に素晴らしい気分だわ」とチブルコバ。「信じられないような年、素晴らしいシーズンだった」。
 
 チブルコバはブレークポイントをしのぎ、4-3からゴルビッチのサービスゲームをブレークして第1セットを取った。第2セットでも3-1とリードしたときには素早く勝利に向かうかに見えていたが、ゴルビッチがバックハンドクロスのウィナーでブレークバックする。チブルコバは4-5からサービスに入ったときにゴルビッチがつかんだ4つのブレークポイントをしのぎ、そこから3ゲームを連取して、(今週はすべての試合を通じて)1セットも落とさないままタイトルを獲得した。
 
 今年、世界ランキング178位でスタートさせたゴルビッチは7月にスイス・グスタードで優勝したあとキャリア2度目の決勝を戦い、62位にまで駆け上がった。彼女は試合後、チブルコバのことを『パワー・ウーマン』と呼んでいる。
 
 「コート上でのすべての瞬間にそれを感じたわ。彼女は驚くべきパフォーマンスだった」とゴルビッチ。

 ゴルビッチはこの決勝が行われた日曜日が24歳の誕生日だった。「私にとって、これは信じられないほど素晴らしい出来事、シーズンになった」。
 
 1991年以来、WTAツアーの一角をなしている今大会だが、メインスポンサーが来年の契約を更新しなかったため、現在は不確かな立場に置かれている。(C)AP

※写真はジェネラリ・レディース・リンツの優勝で、トップ8によるWTAファイナルズ初出場を確定させたスロバキアのドミニカ・チブルコバ(写真は武漢オープンでのもの)
Photo: WUHAN, CHINA - OCTOBER 01: Dominika Cibulkova of Slovak reacts during the women's single final match against Petra Kvitova of the Czech Republic on day seven of the 2016 WTA Dongfeng Motor Wuhan Open at Optics Valley International Tennis Center on October 1, 2016 in Wuhan, Hubei Province of China. (Photo by VCG/VCG via Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu