WTA(女子ツアー)

日比野菜緒がベスト4、奈良くるみは1回戦を途中棄権 [WTA125Kボル]

 クロアチア・ボルで開催されているWTA125Kシリーズの「ボル・オープン」(5月31日~6月5日/賞金総額12万5千ドル/クレーコート)に第4シードで出場していた日比野菜緒(フリー)は、準決勝で第7シードのポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)に0-6 2-6で敗れて決勝進出はならなかった。

 そのほかの日本勢では奈良くるみ(安藤証券)が第6シードで出場していたが、左大腿部の故障でマリーナ・エラコビッチ(ニュージーランド)との1回戦を第1セット3-3の時点でリタイアしている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝ち上がり

◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス準決勝】
●9日比野菜緒(フリー)[4] 0-6 2-6 ○8ポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)[7]

【シングルス準々決勝】
○9日比野菜緒(フリー)[4] 6-2 6-2 ●13シュテファニー・フェーゲレ(スイス)

【シングルス2回戦】
○9日比野菜緒(フリー)[4] 6-2 7-6(5) ●12イバナ・ヨロビッチ(セルビア)

【シングルス1回戦】
○9日比野菜緒(フリー)[4] 6-2 6-1 ●10Marine PARTAUD(フランス)[Q]

●25奈良くるみ(安藤証券)[6] 3-3 Ret. ○26マリーナ・エラコビッチ(ニュージーランド)


※写真は全仏オープンでの日比野菜緒
Photo:PARIS, FRANCE - MAY 23: Nao Hibino of Japan plays a forehand during the Women's Singles first round match against Simona Halep of Romania on day two of the 2016 French Open at Roland Garros on May 23, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)
PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

男子ダブルス準優勝の二宮大輝(左)/山﨑将太(新潟大学4年/金沢大学3年)

2017.04.28

男子ダブルス準優勝の二宮大輝(左)/山﨑将太(新潟大学4年/金沢大学3年) [H29春季北信越学生]

男子ダブルス優勝の大岩悠樹(右)/渥美拓海(信州大学2年/2年)

2017.04.28

男子ダブルス優勝の大岩悠樹(右)/渥美拓海(信州大学2年/2年) [H29春季北信越学生]

※写真はモンテカルロの大会でのルカ・プイユ Photo: MONTE-CARLO, MONACO - APRIL 22: Lucas Pouille of France plays a backhand against Albert Ramos-Vinolas of Spain in their semi final round match on day seven of the Monte Carlo Rolex Masters at Monte-Carlo Sporting Club on April

2017.04.29

プイユ、ロレンツィらが準決勝進出 [ハンガリアン・オープン]

※写真は2016年4月にスイス・ローザンヌで行われたスポーツアコードコンベンションに出席したITF会長のデビッド・ハガティ氏 Photo: LAUSANNE, SWITZERLAND - APRIL 21: David Haggerty, President International Tennis Federation at the SportAccord Convention Plenary Conference during the fifth day of the SportAccord Conv

2017.04.29

国際テニス連盟がアンチドーピングを強化の方針

バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)で8強入りした杉田祐一(三菱電機)

2017.04.29

「今が勝負のとき」と杉田、ティームに完敗するも掴んだ足掛かり [バルセロナ・オープン・バンコサバデル]