マイページ

WTA(女子ツアー)

クルム伊達は初戦でフィーゼンマイヤーに敗退 [クラロ・オープン・コルサニタス]

 コロンビア・ボゴタで13日(月)に開幕した「クラロ・オープン・コルサニタス」(4月13~19日/賞金総額 25万ドル/クレーコート)に、クルム伊達公子(エステティックTBC)が日本勢でただ一人出場。世界ランキング152位のクルム伊達は本戦ストレートインを果たしたが、シングルス1回戦でディナ・フィーゼンマイヤー(ドイツ)に2-6 5-7で敗れた。試合時間は1時間30分。

 フィーゼンマイヤーの2回戦の対戦相手は、第8シードのイリーナ・ファルコーニ(アメリカ)とソラナ・シルステア(ルーマニア)の勝者となる。

 クルム伊達はユリア・グルシュコ(イスラエル)とのペアでダブルスにもエントリーしており、初戦でイリーナ・クロマキワマリナ・ザネフスカ(ロシア/ウクライナ)と対戦する。

 この大会の予選に出場していた大坂なおみ(日本)は1回戦で第7シードのラウラ・プスチオ(スペイン)に1-6 3-6で敗れ、本戦入りを逃している。

 クラロ・オープン・コルサニタスはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。


日本人選手予選結果

【予選1回戦】

大坂なおみ(日本)1-6 3-6 ○ラウラ・プスチオ(スペイン)[7]


【上位出場選手シード順位(シングルス)】

エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[1]
モニカ・プイグ(プエルトリコ)[2]
アイラ・トムヤノビッチ(クロアチア)[3]

※[ ]数字はシード順位、文中の世界ランクは4月13日付

※写真は全豪オープンでのクルム伊達公子

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu