マイページ

海外ニュース

ビーナスへの不適切発言で解雇された解説者がESPNを告訴

 全豪オープンの最中にビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)について誤解を呼んだコメントをしたせいでESPN(アメリカのテレビ局)の番組を降板させられたテニス解説者が、不当な理由による解雇だとして同局を告訴した。

 元テニスプレーヤーのダグ・アドラーは、自分はビーナスのアグレッシブなプレースタイルを『“ゲリラ”戦略』と表現したのであり、彼女を“ゴリラ”と比較したのではないと主張している。英語のGUERRILLA(ゲリラ)は本来発音がGORILLA(ゴリラ)とほぼ同一だが、ゴリラとの違いを出すため、あえて“ゲ”リラと発音するケースもあるなど、もともと混同しやすい発音を持った言葉だった。
 
 彼は言葉の選択が(誤解を呼びやすいものだったという意味で)まずかったことを謝罪したが、この試合の解説が騒ぎを呼んだ直後に大会の途中でESPNの任務から降ろされた。
 
 アドラーはロサンゼルス上位裁判所に告訴を提起するにあたり、自分は不当に人種差別者のレッテルを張られ、この論争のせいでテレビで働くチャンスを失ったと申し立てつつ、『感情的苦痛を味わった』と主張した。
 
 訴訟は財政的ダメージに対する懲罰を求めたものだが、その金額は述べられていない。
 
 ESPNのスポークスマンであるマイク・ソルティスは、テレビ局は原告側に会っておらず、コメントすべきことは何もないと言った。
 
 一方、原告側は『ゲリラ・テニス』というのは、アンドレ・アガシとピート・サンプラス(ともにアメリカ)を使った1990年代のナイキのテレビ・コマーシャルの名だ、と指摘した。
 
 「明らかにアドラーはこのCMを何度も見ており、これはテニスを密に追い、テニス用語を理解する者たちによって広く使われているフレーズである、と考えていた」と原告側の責任者は言う。
 
 法廷に提出された資料によれば、米テニス・マガジンのベテラン編集者であるピーター・ボドーは、2012年にアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)の特質を表現するのにその言葉を使っていた。
 
 アドラーはビーナスがシュテファニー・フェーゲレ(スイス)と対戦した1月18日の試合のために実況でプレーの解説を行っており、彼はフェーゲレがサービスをミスしたあと、ビーナスがよりアグレッシブにプレーしているとコメントした。

 フェーゲレがサービスをフォールトしたあとアドラーは、ビーナスがコート内に踏み込み、『ゴリラ効果』とも『ゲリラ効果』とも聞こえる言い方で突っ込んできている、と表現した。ゴリラとゲリラが非常に発音の似た言葉であるため、ある者たちにとってはアドラーが言ったのがどちらの言葉なのかは判別不可能だった。
 
 この表現に気分を害した視聴者は、アフリカ系アメリカ人であるビーナスをゴリラと比べたという理由で、アドラーを解雇するよう要求していた。
 
 その事件が起きた当時も、アドラーはビーナスの戦略について話していたのであり、そのアグレッシブなプレーを表現するためにただうっかり誤解を呼びやすい誤った言葉を選んでしまっただけだ、と主張していた。
 
 1月にAP通信に送られてきた声明文の中で、ESPNはアドラーを放送から降板させたと告げていた。
 
 「ESPN3の全豪オープン放映の最中、ダグ・アドラーは言葉の選択に、より注意を払うべきだった。彼は謝罪を述べ、我々は彼を残りの割り当て任務から降ろすことにした」と声明文は述べていた。
 
 アドラーは南カリフォルニア大学でオールアメリカン(全米選抜選手)だった元プレーヤーで、その後プロサーキットでも一時プレーしていた。彼は2008年にESPNに雇われ、全米オープン、全仏オープン、ウィンブルドンなどを含む大会で、解説の仕事を行っていた。
 
 ビーナスは彼の言葉や、続いて起きた騒ぎについてコメントすることを拒否していた。(C)AP

※写真は「全豪オープン」でのビーナス・ウイリアムズ。ESPNの解説者ダグ・アドラーが彼女に対して不適切発言を行ったことで論争が起きている
Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 28: Venus Williams of the United States reacts in her Women's Singles Final match against Serena Williams of the United States on day 13 of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 28, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)のシングルスで予選からベスト4進出を決めた加藤未唯

2017.09.15

加藤未唯が自身初のツアー準決勝進出「最後まで気持ちがぶれずにできた」 [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第2試合でブラジルのチアゴ・モンテーロをフルセットで倒した添田豪 Photo: OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Go Soeda of Japan celebrates after winning his singles match against Thiago Monteiro of Brazil during day one of the Davis Cup World Group

2017.09.15

添田豪が相手エースのモンテーロをフルセットで倒し、日本が初日2勝 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]