マイページ

海外ニュース

シャラポワがラスベガスでのチャリティイベントに出場

 マリア・シャラポワ(ロシア)がまもなく、薬物使用による活動停止処分が減刑されて以来、初めてコートに戻ることになる。彼女は来週、ラスベガスで行われるワールド・チーム・テニス(WTT)「スマッシュ・ヒット」に初出場することになった。

 WTTは水曜日に、シャラポワが10月9日にラスベガスのシーザース パレスでビリー ジーン・キング(アメリカ)とエルトン・ジョンによって共催されるチャリティイベント「スマッシュ・ヒット」でプレーする予定であることを発表した。このイベントの収益は、エルトン・ジョンのエイズ基金に寄付されることになる。

 シャラポワは、「素晴らしい福祉のためにコートに戻れることに、本当にわくわくして」おり、「素晴らしいテニスの夕べを楽しみにしている」と話した。

 彼女は、ジョン・マッケンロー(アメリカ)、アンディ・ロディック(アメリカ)、マルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)、マーディ・フィッシュ(アメリカ)、マーク・フィリポーシス(オーストラリア)、リーゼル・フーバー(アメリカ)らに合流する。イベントは、ESPN2で夜10時からテレビ放映が予定されている。

 シャラポワの2年の出場停止処分は、4日、スポーツ裁判所によって15ヵ月に減刑された。彼女は1月の全豪オープンの際の薬物テストで、禁止されている心臓疾患の薬、メルドニウムで陽性反応を示し、同薬物の服用も認めていた。(C)AP

※写真は9月13日、ニューヨークのファッション・ウィークを訪れ、自身のキャンディ・ブランド「Sugarpova」をプロモーションするマリア・シャラポワ
Photo: NEW YORK, NY - SEPTEMBER 13: Maria Sharapova promotes her new candy 'Sugarpova' at New York Fashion Week: The Shows at Skylight at Moynihan Station on September 13, 2016 in New York City. (Photo by Jason Kempin/Getty Images for New York Fashion Week: The Shows)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

2017.09.20

ラインジャッジは不必要か、ATPが完全自動ライン判定をテスト