海外ニュース

シャラポワの事情聴取は6月に実施される見込みとロシアテニス協会

 ロシアテニス協会の代表が、マリア・シャラポワ(ロシア)のドーピング違反に関する事情聴取が6月に開催される見込みだと話した。

 シャラポワは1月の全豪オープン時のドーピング検査で陽性反応が出たメルドニウムの使用で、すでに暫定的な出場停止処分を受けているが、処分が決まれば複数年の出場停止処分となる可能性がある。だが、自らの競技力を上げるために故意に行ったものではないと示すことができれば、処分が軽減される可能性もある。

 ロシアテニス協会の代表を務めるシャミル・タルビスチェフ氏はタス通信の取材に対して、「事情聴取は6月に行われることになるだろう」と話し、「公式の情報ではない。だが、私はそう考えている」と続けている。

 タルビスチェフ氏はシャラポワと定期的に連絡をとっているとも話し、彼女はトレーニングを続けていると聞いているのだという。

 シャラポワがメルドニウムを服用していたのは自身の健康問題のためとのことで、2016年から禁止薬物に指定されたことに気づかなかったと話している。(C)AP

Photo:LOS ANGELES, CA - MARCH 07: Tennis player Maria Sharapova leaves the podium after addressing the media regarding a failed drug test at The LA Hotel Downtown on March 7, 2016 in Los Angeles, California. Sharapova, a five-time major champion, is currently the 7th ranked player on the WTA tour. Sharapova, withdrew from this week’'s BNP Paribas Open at Indian Wells due to injury. (Photo by Kevork Djansezian/Getty Images)
PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

錦織圭

2017.05.18

【速報】全仏オープン前哨戦! [BNL イタリア国際]18日

2017.05.17

三橋淳が八百長のため永久追放へ

アレクサンダー・ズベレフ

2017.05.20

【速報】全仏オープン前哨戦! [BNL イタリア国際]20日

三橋淳

2017.05.17

日本テニス協会が会見、三橋淳元選手とは連絡がとれず...

錦織圭

2017.05.17

【速報】全仏オープン前哨戦! [BNL イタリア国際]17日