マイページ

デ杯海外

お粗末な調子にもかかわらず、フランスが決勝進出の有力候補 [デ杯フランス対セルビア]

週末のデビスカップ準決勝「フランス対セルビア」戦に出場するルカ・プイユ(フランス)。(写真◎Getty Images/8月に撮影)

 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)のデビスカップ準決勝欠場が確定した今、フランスのメンバーたちが不振に苦しんでいることを加味しても、そのフランスが18度目の決勝に進出する可能性は高いというのが下馬評だ。

 フランスはジョーウィルフリード・ツォンガとルカ・プイユが、週末の対セルビア戦の準決勝でシングルスをプレーすることになる。この対戦はフランス・リールにあるピエール・モロワ・スタジアム(会場)のクレーコートで行われるが、そこは3年前に、前回フランスが決勝に進んでスイスに敗れたときに使われた場所だ。

 ブリュッセルで行われるもうひとつの準決勝では、ベルギーが優勝歴28回のオーストラリアを室内クレーコートで迎え撃つことになる。

 今季はフランステニスにとって、やや失望を誘うシーズンだった。というのも今、トップ15にフランス人選手はひとりも食い込むことができていない。

「我々が悪いシーズンを送ったことはわかっているが、それを毎日思い出させられる必要はない。それは建設的なアプローチではないよ」と、フランスのデ杯監督であるヤニック・ノアは言った。

 今回フランス・チームには、リシャール・ガスケ、ジル・シモン、ガエル・モンフィスは含まれない。シモンはこのところ成績不振に苦しんでおり、ガスケは全米オープンで1回戦負けを喫し、最初、予備要員として招集されていたモンフィスは先週、右膝の故障を理由に棄権した。

 しかしセルビア・チームは、グランドスラム大会優勝歴12回のジョコビッチ、ビクトル・トロイツキ、ヤンコ・ティプサレビッチが揃って故障で起用不可能になるという、より大きな打撃を被った。セルビアの監督兼プレーヤーであるネナド・ジモニッチは、北フランスへの旅にドゥサン・ラヨビッチ、ラスロ・ジェレ、フィリップ・クライノビッチを選び、チームの大幅改造を強いられた。

「ジョコビッチの欠場はわれわれにとって非常にいいニュースだ」とノア監督は言った。「我々が、より大きな勝利のチャンスを手にすることは間違いない」。

 しかしながら、フランスも自信を持ちすぎないようにしないといけない。ツォンガは今年父になり、今週末に今季最初のデビスカップをプレーすることになる。彼はウィンブルドン3回戦で敗れたあとは、わずか一試合にしか勝つことができていない状況だ。上り調子だったはずのプイユも、今季はややその速度を落としている。

 両国の対戦は2010年決勝以来のことで、その際にはセルビアが3勝2敗で勝利をおさめていた。フランスは2014年にもデビスカップ決勝に進んでいるが、そのときはスイスに敗れた。

 オーストラリアはデビスカップ優勝回数でアメリカに次ぐ2位だが、2003年以来タイトルから見放されている。

「オーストラリアテニスにとって本当に重要な対戦だ」と、2003年優勝チームの一員だったトッド・ウッドブリッジは言った。「来たる年月に向け、僕らが本当に大きなことをやってのける踏切台とするための真のチャンスなんだ」。

 オーストラリアの監督、レイトン・ヒューイットは、タナシ・コキナキス、ニック・キリオス、ジョーダン・トンプソン、ジョン・ピアースをメンバーに選んだ。対するベルギーを率いるのはダビド・ゴファンとスティーブ・ダルシーだ。

「デビスカップは、僕がプレーし得る中でもっとも重要な大会のひとつだ」と、今年初となるアウェー・マッチに先立ち、世界20位のキリオスは言った。

「アウェーであることが力関係の状態を変えることになる。オーストラリア人は世界でもっとも精力的にサポートしてくれる観客の一角だから、いうまでもなくオーストラリアでプレーしていれば、母国の観客たちは僕らを大いに後押ししてくれ、そのことが雰囲気を大きく変える。ブリュッセルで何を期待すべきなのかはわからないけれど、ほぼ間違いなく、観客は一方的にベルギーチームを応援することだろうね」(C)AP(テニスマガジン)

※写真は週末のデビスカップ準決勝「フランス対セルビア」戦に出場するルカ・プイユ(フランス)。(写真◎Getty Images/8月に撮影)
Photo: NEW YORK, NY - AUGUST 30: Lucas Pouille of France reacts against Jared Donaldson of the United States during their second round Men's Singles match on Day Three of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 30, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

練習を再開した錦織圭(ウィンブルドンのときのもの)

2017.10.21

右手首故障の錦織圭がラケットを使用した練習を再開

「ストックホルム・オープン」でベスト8進出を決めた杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.19

杉田が元世界8位を破りベスト8進出。デル ポトロとの対戦が濃厚[ストックホルム・オープン]

「上海ロレックス・マスターズ」優勝を飾ったフェデラー

2017.10.15

フェデラーが王者ナダルを圧倒しマスターズ通算27個目のタイトルを獲得[上海ロレックス・マスターズ]

「ストックホルム・オープン」で2回戦へ進出した杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.17

杉田が大逆転で2回戦進出へ[ストックホルム・オープン]

「上海ロレックス・マスターズ」で優勝したフェデラーと準優勝のナダル

2017.10.16

フェデラーとナダルのライバル関係は熱いまま