ITF/その他ツアー

男子はスイスがスペインを下して優勝、日本は中国を破って3位入賞 [ワールドジュニアU14 決勝大会]

「ワールドジュニア 決勝大会(男女14才以下 国別対抗戦)」(チェコ・プレステヨフ/8/7~12/クレーコート)の大会最終日は決勝トーナメント決勝などが行われ、男子はスイス(グループB・2位)が第3シードのスペイン(グループC・2位)を2-1で下して優勝を飾った。

 準決勝でスイスに0-2で敗れた日本は3位決定戦に臨み、アジア・オセアニア予選の決勝で敗れた第2シードの中国(グループD・2位)に2-0で雪辱し、3位入賞を果たした。

 日本はアジア・オセアニア予選(タイ・バンコク/3月20~25日/ハードコート)で準優勝を果たし、昨年に続いて決勝大会に進出。日本女子は同予選(3月27日~4月1日)で6位となり、出場権を確保できなかった。

※国名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

◇   ◇   ◇

ワールドジュニア男子日本代表
監督◎櫻井準人
選手◎望月慎太郎(Team YUKA)、磯村志(やすいそ庭球部)、有本響(桜田倶楽部)

<決勝トーナメント結果/男子>

【決勝】

●2スペイン[3](グループC・2位)1-2 ○7スイス(グループB・2位)

------------

【3-4位決定戦】

●1中国[2](グループD・2位)0-2 ○2日本[7](グループC・1位)

S2 ●Zi Heng HE 1-6 1-6 ○有本
S1 ●Boren ZHENG 3-6 3-6 ○望月
D HE/ZHENG Not played 磯村/望月

------------

【5-6位決定戦】

○1アメリカ[1](グループA・1位)2-0 ●8ブラジル[8](グループD・1位)

------------

【7-8位決定戦】

○1ロシア[5](グループB・1位)2-1 ●2イタリア(グループA・2位)

------------------------

◎最終順位:男子

1位 スイス
2位 スペイン
3位 日本
4位 中国
5位 アメリカ
6位 ブラジル
7位 ロシア
8位 イタリア
9位 ペルー
10位 チェコ
11位 アルゼンチン
12位 タイ
13位 セルビア
14位 メキシコ
15位 オーストラリア
16位 エジプト

テニスマガジン/Tennis Magazine

ITF(国際テニス連盟)大会ページ|公式

決勝トーナメントの詳細はITFサイトへ

グループDの詳細はITFサイトへ

関連キーワード
ITF/その他ツアー
海外

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

「ロジャーズ・カップ」の決勝で、ロジャー・フェデラー(スイス)をストレートで破り優勝したアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)(写真◎Getty Images)

2017.08.14

20歳ズベレフがフェデラーを倒して優勝、今季優勝数でフェデラーと並ぶ [ロジャーズ・カップ]

「ウェスタン&サザン・オープン」(ATP1000)の男子シングルスに第1シードで出場するラファエル・ナダル(スペイン)。ロジャー・フェデラー(スイス)が故障により欠場することになり、大会後に発表される世界ランキングで1位となることが確定した。(写真◎Getty Images)

2017.08.15

フェデラーが出場を取り消し、ナダルが新ナンバーワンに [ウェスタン&サザン・オープン]

2017.08.12

本戦6日目、男女単複のベスト4が出揃う [インカレ]

2017.08.19

大会初日、男子団体1、2回戦結果 [第44回全中]

2017.08.19

大会初日、女子団体1、2回戦結果 [第44回全中]