マイページ

ITF/その他ツアー

男子はスイスがスペインを下して優勝、日本は中国を破って3位入賞 [ワールドジュニアU14 決勝大会]

「ワールドジュニア 決勝大会(男女14才以下 国別対抗戦)」(チェコ・プレステヨフ/8/7~12/クレーコート)の大会最終日は決勝トーナメント決勝などが行われ、男子はスイス(グループB・2位)が第3シードのスペイン(グループC・2位)を2-1で下して優勝を飾った。

 準決勝でスイスに0-2で敗れた日本は3位決定戦に臨み、アジア・オセアニア予選の決勝で敗れた第2シードの中国(グループD・2位)に2-0で雪辱し、3位入賞を果たした。

 日本はアジア・オセアニア予選(タイ・バンコク/3月20~25日/ハードコート)で準優勝を果たし、昨年に続いて決勝大会に進出。日本女子は同予選(3月27日~4月1日)で6位となり、出場権を確保できなかった。

※国名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

◇   ◇   ◇

ワールドジュニア男子日本代表
監督◎櫻井準人
選手◎望月慎太郎(Team YUKA)、磯村志(やすいそ庭球部)、有本響(桜田倶楽部)

<決勝トーナメント結果/男子>

【決勝】

●2スペイン[3](グループC・2位)1-2 ○7スイス(グループB・2位)

------------

【3-4位決定戦】

●1中国[2](グループD・2位)0-2 ○2日本[7](グループC・1位)

S2 ●Zi Heng HE 1-6 1-6 ○有本
S1 ●Boren ZHENG 3-6 3-6 ○望月
D HE/ZHENG Not played 磯村/望月

------------

【5-6位決定戦】

○1アメリカ[1](グループA・1位)2-0 ●8ブラジル[8](グループD・1位)

------------

【7-8位決定戦】

○1ロシア[5](グループB・1位)2-1 ●2イタリア(グループA・2位)

------------------------

◎最終順位:男子

1位 スイス
2位 スペイン
3位 日本
4位 中国
5位 アメリカ
6位 ブラジル
7位 ロシア
8位 イタリア
9位 ペルー
10位 チェコ
11位 アルゼンチン
12位 タイ
13位 セルビア
14位 メキシコ
15位 オーストラリア
16位 エジプト

テニスマガジン/Tennis Magazine

ITF(国際テニス連盟)大会ページ|公式

決勝トーナメントの詳細はITFサイトへ

グループDの詳細はITFサイトへ

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

2017年8月の「ロジャーズ・カップ」での錦織圭

2017.11.22

錦織圭、ナイキ本社を訪れ2018年のシューズについて話し合う

2017年の「全豪オープン」の試合でフェデラーとすれ違う錦織

2017.12.05

錦織もジョコもマレーも。トップ選手たちが「全豪オープン」で続々GSカムバックの見込み

「全米オープン」で優勝した際のナダル

2017.12.05

ナダルに見るプロテニス選手のお金の使い道とは?

引退セレモニーでの伊達公子さん

2017.12.05

伊達公子さん「半端ない痛みに耐えた」無事に手術を終え退院

2017.03.21

ワウリンカが、笑うフェデラーに手向けた友情のこもった罵り言葉