マイページ

ITF/その他ツアー

片山翔が単複2冠 [タイF5フューチャーズ]

※写真はITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「PTT LTATアカデミー男子サーキット 2」(タイ・ノンタブリー)で単複2冠を達成した片山翔(2015年の全日本選手権でのもの)

 ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「PTT LTATアカデミー男子サーキット 2」(タイ・ノンタブリー/8月7~13日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、片山翔(伊予銀行)がリー・クアンイ(台湾)を7-6(7) 4-6 6-3で破り、今シーズンのシングルス初優勝を飾った。試合時間は2時間34分。

 片山がフューチャーズ大会のシングルスでタイトルを獲得したのは、2013年3月の西東京(ITF1万ドル/ハードコート)以来で、通算3勝目となる。

 今大会での片山は、1回戦で第2シードの福田創楽(イカイ)を6-2 6-0で下し、2回戦は予選勝者のフランシス ケーシー・アルカンタラ(フィリピン)の第3セット途中棄権で勝ち上がりで、準々決勝でジェイコブ・グリルズ(オーストラリア)を6-2 6-3で、準決勝では予選勝者のプルチャ・イサロ(タイ)を6-4 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 福田とのペアで出場したダブルスでもノーシードから勝ち上がったは片山は、決勝でイサロ/カルヌデ・シン(インド)を5-7 7-5 [10-8]で倒して単複2冠を達成した。上位の試合結果は以下の通り。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

◇   ◇   ◇

【シングルス決勝】

○31片山翔(伊予銀行)7-6(7) 4-6 6-3 ●5リー・クアンイ(台湾)

------------

【シングルス準決勝】

○5リー・クアンイ(台湾)6-0 6-3 ●11カルヌデ・シン(インド)

○31片山翔(伊予銀行)6-4 6-3 ●22プルチャ・イサロ(タイ)[Q]

------------

【シングルス準々決勝】

○5リー・クアンイ(台湾)6-2 7-6(2) ●1ロレンツォ・フリジェリオ(イタリア)[1]

○11カルヌデ・シン(インド)6-4 3-1 Ret. ●14守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)

○22プルチャ・イサロ(タイ)[Q] 6-0 6-4 ●19ルオ・チェンシュン(台湾)[Q]

○31片山翔(伊予銀行)6-2 6-3 ●28ジェイコブ・グリルズ(オーストラリア)

------------------------

【ダブルス決勝】

○6福田創楽/片山翔(イカイ/伊予銀行)5-7 7-5 [10-8] ●15プルチャ・イサロ/カルヌデ・シン(タイ/インド)

------------

【ダブルス準決勝】

○6福田創楽/片山翔(イカイ/伊予銀行)3-6 7-5 [12-10] ●4徳田廉大/山﨑純平(フリー/日清紡ホールディングス)

○15プルチャ・イサロ/カルヌデ・シン(タイ/インド)4-6 6-3 [10-4] ●9ロレンツォ・フリジェリオ/サミ・ラインウエイン(イタリア/ドイツ)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真はITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「PTT LTATアカデミー男子サーキット 2」(タイ・ノンタブリー)で単複2冠を達成した片山翔(2015年の全日本選手権でのもの)

ITF(国際テニス連盟)大会ページ|公式

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

「上海ロレックス・マスターズ」優勝を飾ったフェデラー

2017.10.15

フェデラーが王者ナダルを圧倒しマスターズ通算27個目のタイトルを獲得[上海ロレックス・マスターズ]

「ストックホルム・オープン」でベスト8進出を決めた杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.19

杉田が元世界8位を破りベスト8進出。デル ポトロとの対戦が濃厚[ストックホルム・オープン]

痛めた左手に苦しむデル ポトロ

2017.10.14

デル ポトロ、左手の負傷で病院へ[上海ロレックス・マスターズ]

「ストックホルム・オープン」で2回戦へ進出した杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.17

杉田が大逆転で2回戦進出へ[ストックホルム・オープン]

「上海ロレックス・マスターズ」で優勝したフェデラーと準優勝のナダル

2017.10.16

フェデラーとナダルのライバル関係は熱いまま