ITF/その他ツアー

フェデラーとバブリンカがストレート勝利でスイスが2勝目、初優勝に王手 [デ杯ワールドグループ決勝・フランス対スイス]

 11月21日~23日に開催されている今年のデ杯ワールドグループ決勝のフランス対スイス戦(フランス・リール/インドアクレー)。

 土曜日のダブルスにスイスが起用してきたのは、ロジャー・フェデラーとスタン・バブリンカ。このスイスペアは、リシャール・ガスケとジュリアン・ベネトーのフランスペアを下し、2勝1敗として王手をかけた。

左からバブリンカ、フェデラー、ベネトー、ガスケ


 17度のグランドスラム・チャンピオンと今年の全豪チャンピオンのコンビは、フランスを6-3 7-5 6-4で下した。これで日曜日のリバースシングルスでは、スイスの優勝がかかった一戦をフェデラーとジョーウィルフライ・ツォンガが戦うことになる。

 フェデラーとバブリンカは2008年の北京五輪の金メダルペア。デ杯ではこのところ4連敗中だったが、大事なポイントがかかったこの試合でそれを終わらせた。二人のペアでの勝利は3年ぶりで、クレーでは初勝利になる。

 スイスペアは一度もブレークを許さず、第2セットでフランスペアが攻勢に出ていた場面でも大事なポイントでは圧倒的な強さを見せた。

 フェデラーは背部の故障が心配されていたが、予想以上のプレーを見せた。サービスは好調で、クレーでの動きもずっとよくなっていた。

 「スタンが信じられないくらい助けてくれたよ。コーチたちスタッフも本当にいい仕事をしてくれた」とフェデラー。彼は先週のATPツアー最終戦で背部を傷めていた。「これからまた少し休んで、リカバーに努めるよ」。

 フェデラーとバブリンカは、第1セットでブレークすれば4-2という場面で圧倒的な強さを見せた。バブリンカが打ったパワフルなフォアがガスケを襲い、ガスケはそれに触るのが精一杯だった。

 フェデラーもそのプレーを向上させていた。スイスペアは第1セットを28分でモノにしたあと、第2セットではやや苦しんだ。フランスペアのリターンがよくなり始めていたからだ。しかし、フランスペアは5本のブレークポイントを握っておきながら、北京五輪の金メダルペアがそれをすべてしのいだ。


 フェデラーは終始、背部の故障に苦しんでいるような素振りは見せなかった。アクロバティックな体勢からのスマッシュを決め、手を大きく伸ばしてフォアとバックのボレーを簡単に打っていた。

 第3セットはガスケのサービスゲームでナーバスになった素振りを見せてフランスペアが先にブレークされた。その2ゲーム後の第9ゲームではベネトーが2本のブレークのピンチをウィナーでしのいでいた。しかし、スイスペアはミスをすることなく、バブリンカがフォアハンドのダウン・ザ・ラインを決めると、スイスサポーターたちを興奮の坩堝に叩き込んだ。

 「僕たちは勝つためにコートに立っていた。ずっと攻撃的にプレーできたよ。自分たちに何が必要なのかをわかっていたから、いい仕事ができたと思う」とバブリンカ。「僕たちはお互いによくわかり合えているからね」。

  背部の故障を感じさせない素晴らしいプレーを披露したフェデラーは「もう大丈夫だ。僕の背部のことについて、みんなが何もかもを知りたがっているのはわかっているけれど、僕だって同じさ」と話し、「僕はオープンにしているつもりだし、誠実に答えているつもり。現時点では、僕はほとんど100%の状態だと自分では感じている。だから、100%で頑張るつもりだよ」。

 一方、敗れたフランスのベネトーは「相手のプレーはとてつもなくソリッドだった。ロジャーのサービスは凄かったし、彼らのセカンドショットはものすごく効果的だった。それに、全然ミスもしない」と話し、「ネットでのスタンのプレーはものすごくよかった。彼もほとんどミスをしなかった。僕たちは格別なサービスを持った2人の選手と戦わないといけない状態だったんだ」。

 この日のフランスは、朝の段階ではツォンガとガスケで練習をさせていたが、ツォンガはケガを持っており、アルノー・クレモン監督は大事をとってツォンガを休ませることにしたという。

 「何があったかについては想像にまかせるが、いずれにせよ、今は言えない」とクレモン監督。「もちろん、私が今日、ジョーを休ませたのにはいくつかの理由がある。でも、それは明日の試合には問題にならない」。

 フランステニス協会のジャン・ガシャサン氏は、フランスのテレビの取材に対して、ツォンガは日曜日のシングルスには出場しない可能性があると話していた。彼によれば、ツォンガは肘に痛みを訴えているという。(C)AP


Photo:Switzerland's Roger Federer, right, and compatriot Stanislas Wawrinka celebrate after defeating France's Richard Gasquet and Julien Benneteau in their doubles match for the Davis Cup final in Lille, northern France, Saturday, Nov.22, 2014. The Swiss pair won 6-3, 7-5, 6-4 to give Switzerland a 2-1 lead. (AP Photo/Peter Dejong)

Photo:Switzerland's Roger Federer, left, and compatriot Stanislas Wawrinka, right wave after defeating French pair Julien Benneteau and Richard Gasquet in their doubles match for the Davis Cup final in Lille, northern France, Saturday, Nov.22, 2014. Switzerland leads France 2-1.(AP Photo/Christophe Ena)

Photo:Switzerland's Roger Federer reacts after defeating with Switzerland's Stanislas Wawrinka, the French pair Julien Benneteau and Richard Gasquet during their doubles match for the Davis Cup final in Lille, northern France, Saturday, Nov.22, 2014. Switzerland leads France 2-1.(AP Photo/Christophe Ena)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)でともに2度目のミックスダブルス優勝を果たしたジェイミー・マレー(左)とマルチナ・ヒンギス(右) Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 16: Jamie Murray of Great Britain and partner Martina Hingis of Switzerland celebrate championship point and victory during the Mixed Doubles final match

2017.07.17

ジェイミー・マレーとヒンギスがともに2度目のミックスダブルス優勝 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス準決勝でトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を破り、11度目の決勝進出を果たしたロジャー・フェデラー (スイス)

2017.07.15

フェデラーがベルディヒを下して11度目の決勝進出 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」準々決勝で第11シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)との試合を右肘の故障により途中棄権した第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)。記者会見で休養を示唆した。

2017.07.13

ジョコビッチが長期の休養を示唆 [ウィンブルドン]

ロジャー・フェデラー

2017.07.14

【速報】ウィンブルドン第11日