マイページ

ウィンブルドン

チリッチは痛みと涙の狭間に「勝つ可能性があまりないとわかって...」 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」決勝で、足裏のマメに痛みにより治療を受けるマリン・チリッチ(クロアチア/右)と集中し続けるロジャー・フェデラー(スイス/左)

 この日のマリン・チリッチ(クロアチア)には、決して本当の意味でのチャンスはなかった。

 ロジャー・フェデラー(スイス)に対する日曜日の「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月3~16日/グラスコート)男子シングルス決勝で、ビッグサーバーのチリッチは左足の靴擦れに耐えながらプレーした。少しの間、彼はかなりいい調子であるように見えていたのだが、フェデラーの調子が速やかに上がり、6-3 6-1 6-4の勝利に向かって突き進んでいく中で、チリッチのこの煩わしいケガは速やかに悪化していった。

「間違いなく、僕にとって不運な日のひとつだった」と、チリッチは敗戦のあとに言った。「マメがつぶれ、液体が硬くなった皮膚の下から流れ出したんだ。おかげで素早い反応をしなければならないときや、素早く方向転換する必要があるたびに、そうすることができなかったんだ」。

 チリッチによれば、最初にその靴擦れ----足の水泡を感じたのは、サム・クエリー(アメリカ)に対する準決勝の第4セット途中だった。金曜日の試合ではそれほど悪くはなかったが、同日夜に、より深刻な状態になった、とチリッチは言った。

「足の状態があまりよくないと感じた。試合後には、そう悪くはなかったんだが」とチリッチは言った。「僕らは、その夜にマメから水を出そうとしたんだが、土曜日の朝にはより悪くなっていた。医師とフィジオは、できる限り助けようとしてくれたんだ。彼らはベストを尽くしてくれた、本当にすごく助けてくれたんだよ」。

 対フェデラー戦で、チリッチは自分のサービスから試合を始め、双方の選手がサービスをキープして2-2となった。それからフェデラーは2度ブレークに成功して第1セットを取り、第2セットの序盤にふたたびブレークを果たして3-0とリードを奪った。

 そのゲームのあと、エンドチェンジで自分のベンチに戻ったチリッチは、明らかに取り乱した様子で、白いタオルで頭を覆うと涙を流した。

「様々な感情が混ざり合った。言うまでもなく少しフラストレーションがあり、同時に集中しようと努めてもいた」とチリッチは言った。「このような状況にいるときは辛いものだよ。勝つ可能性があまりないとわかっている。ただ戦い抜く、ということだけだ」。

 第2セットのあとチリッチはトレーナーを呼び、左足のテーピングをし直した。

 フェデラーはチリッチに何かが起きているのはわかったが、それが何なのか正確には知らなかったという。

「何だかわからなかったから、何も言えなかった。僕はただ、プレーに集中しろ、と自分に言い聞かせた。自分の試合に集中し、プレーを続けろ、と」とフェデラーは言った。

 フェデラーは、グランドスラム・タイトルとしては合計19番目にあたる、8度目のウィンブルドン・タイトルを獲得した。「よかったのは、(その時点で)僕がすでにリードしていたことだ」。

 この試合に臨んだとき、チリッチは2度目のグランドスラム・タイトルまであと1勝と迫っていたのだ。これに先立つ対フェデラーの7戦で、1勝6敗と分が悪かったとはいえ、チリッチは3年前の全米オープン優勝への過程でフェデラーをストレートで下していた。フェデラーは、昨年のウィンブルドン準々決勝でチリッチを倒すことにより、その埋め合わせをしたが、彼は35歳で、28歳のチリッチはテニス界で指折りのハードヒッターでもある。しかし前述のケガが、日曜日の試合をフェデラーにとっての真の楽勝にしてしまった。

「最初の5、6ゲームは、僕らが、そして観客が望んでいた通りのすごくいいテニスだった。素晴らしいバトルになるだろうという予感があった」と、チリッチのコーチであるヨナス・ビヨルクマン(スウェーデン)は言った。「でも残念なことに、そうなる運命ではなかったんだ。彼は序盤ほど良く動けなくなり始め、それから100%の状態ではないのだというサインを少し見せ始めたので、言うまでもなく、それが問題なのだと僕らにもわかったよ」。

 その問題は決してなくなりはしなかったが、チリッチはサービスをキープしようと努め、フェデラーのサービスのときには1ポイントを取ることにさえ苦労しながらも、試合の中にとどまった。

「本当にベストを尽くしたかったんだ」とチリッチは言った。「可能な限り、トライしたかったんだよ」。(APライター◎CHRIS LEHOURITES、翻訳◎テニスマガジン)

※写真は「ウィンブルドン」決勝で、足裏のマメに痛みにより治療を受けるマリン・チリッチ(クロアチア/右)と集中し続けるロジャー・フェデラー(スイス/左)。(撮影◎小山真司/テニスマガジン)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

2017.09.20

ラインジャッジは不必要か、ATPが完全自動ライン判定をテスト