ウィンブルドン

【テキスト速報】ウィンブルドン/女子シングルス決勝「ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14]VS.ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]」

ビーナス・ウイリアムズ

スコア

選手名 1 2 3 4 5 合計
ガルビネ・ムグルッサ[14] 7 6 2
ビーナス・ウイリアムズ[10] 5 0 0

テキスト速報

【マッチ スタッツ】
試合時間:1時間17分
左:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)
右:ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)

1【サービスエース】3
2【ダブルフォルト】5
39/55 (71%)【1stサービス成功率】44/62 (71%)
30/39 (77%)【1stサ―ビス成功時のポイント獲得率】27/44 (61%)
8/16 (50%)【2ndサービス成功時のポイント獲得率】6/18 (33%)
6/10 (63%)【ネットプレーでのポイント】6/13 (46%)
4/7 (57%)【ブレークポイント獲得率】0/3 (0%)
29/62 (47%)【レシーブからのポイント獲得率】17/55 (31%)
67【合計獲得ポイント】50

参照元:http://www.wimbledon.com/en_GB/scores/stats/2701ms.html


【第2セット/第6ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 6-0 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第6ゲーム、ムグルッサのサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップ。ビーナスのショットがアウトとなり15-0。続くポイントもビーナスのショットがアウトとなり30-0。さらにムグルッサのショットをビーナスが返しきれず40-0とムグルッサがチャンピオンシップポイントを迎える。最初のチャンピオンシップポイントはムグルッサのショットがネットにかかり40-15、続くポイントはムグルッサのショットがオーバーとなり40-30となるが、ここでビーナスのショットがアウトとなり、ムグルッサがキープ。第2セットは6-0でムグルッサが奪い、7-5、6-0のストレートでムグルッサがウィンブルドン初優勝を決めた。

【第2セット/第5ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 5-0 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第5ゲーム、ビーナスのサービスゲーム。ビーナスのショットがアウトとなり、最初のポイントはムグルッサ。続く2ポイントもビーナスのショットがオーバーとなりムグルッサが0-40とトリプルブレークポイントを迎える。ここでムグルッサがバックハンドのウイナーを決め、ブレーク。

【第2セット/第4ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 4-0 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第4ゲーム、ムグルッサのサービスゲーム。フォアハンドのウイナーを決めたビーナスが最初のポイントを奪うが、続くポイントはビーナスのショットがネットにかかりムグルッサ。さらにムグルッサがポイントを重ね30-15とする。ここでビーナスのリターンがアウトとなり40-15とムグルッサがゲームポイントを迎えると、ムグルッサのショットがアウトとなり40-30となるが、ここでバックハンドクロスのウイナーを決めたムグルッサがキープ。

【第2セット/第3ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 3-0 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第3ゲーム、ビーナスのサービスゲーム。最初のポイントは前にでたビーナスが奪うが、次のポイントはムグルッサが奪い返し15-15。さらにバックハンドクロスのウイナーで15-30とする。
ここでビーナスが30-30とするが、バックハンドのパッシングショットで30-40とムグルッサがブレークポイントを迎える。ここでビーナスのボレーがアウトとなり、ムグルッサがブレーク。

【第2セット/第2ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 2-0 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第2ゲーム、ムグルッサのサービスゲーム。ビーナスのリターンがネットにかかり最初のポイントはムグルッサ。続くポイントもネットにかかり30-0とする。ここでビーナスのショットがアウトとなり40-0とムグルッサがゲームポイントを迎えると、2連続フォアハンドのウイナーを決めたビーナスが40-30と追い上げる。しかしここでビーナスのショットがネットにかかり、ムグルッサがキープ。

【第2セット/第1ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 1-0 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第1ゲーム、ビーナスのサービスゲーム。最初のポイントはビーナス。さらにムグルッサのショットがアウトとなり30-0とするが、ここからビーナスのショットが2本連続でアウトとなり、ムグルッサがポイントを連取し30-30とする。ここでビーナスのサービスをムグルッサが返しきれず、40-30とビーナスがゲームポイントを迎えるが、続くポイントでビーナスのショットがネットにかかりデュース。さらにムグルッサが2度のブレークポイントを迎えると、ここでビーナスがダブルフォルトとなり、ムグルッサがブレークに成功。


【第1セット/第12ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 7-5 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第12ゲーム、ムグルッサのサービング・フォー・ザ・セット。最初のポイントはパッシングショットを決めたビーナス。しかし続くポイントはムグルッサが奪い15-15、さらにビーナスのショットがネットにかかり30-15とする。そしてムグルッサのロブショットがきまり、ムグルッサが40-15とセットポイントを迎える。ビーナスのショットを返しきれず40-30となるが、ここでビーナスのショットがネットにかかり。ムグルッサがキープ。第1セットは7-5でムグルッサが先取する。

【第1セット/第11ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 6-5 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第11ゲーム、ビーナスのサービスゲーム。最初のポイントはビーナス。しかしこの試合4本目のダブルフォルトで15-15。ここでビーナスのショットがアウトと判定されるも、チャレンジの結果やり直し。しかしこのやり直しのポイントはビーナスのショットがアウトとなりムグルッサが奪う。ここから両者ポイントを重ね30-40とムグルッサがブレークポイントを迎えるが、ムグルッサのショットがアウトとなり、デュースとなる。ここでビーナスのショットがネットにかかりムグルッサが2度目のブレークポイントを迎えると、長いラリーの末ビーナスのショットがアウトとなり、ムグルッサがブレークに成功。

【第1セット/第10ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 5-5 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第10ゲーム、ムグルッサのサービスゲーム。バックハンドのウイナーを決めたビーナスが最初のポイントを奪うが、次のポイントはムグルッサ。しかし次のポイントではムグルッサのショットがアウトとなり15-30となると、さらにムグルッサのショットがネットにかかり、15-40でビーナスがセットポイントを迎える。最初のセットポイントを19回のラリーの末ムグルッサがセーブすると、続くポイントもムグルッサがが奪いデュースに持ち込む。ここでフォアハンドのウイナーを決めたムグルッサがゲームポイントを迎えると、ビーナスのショットがアウトとなり、ムグルッサがキープ。

【第1セット/第9ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 4-5 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第9ゲーム、ビーナスのサービスゲーム。ムグルッサのリターンがアウトとなり、最初のポイントはビーナス。続くポイントもビーナスが奪い、さらにビーナスがサービスエースで40-0とする。ここでビーナスがフォアハンドのウイナーを決め、ラブゲームでビーナスがキープ。

【第1セット/第8ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 4-4 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第8ゲーム、ムグルッサのサービスゲーム。ニューボールとなるこのゲーム、ビーナスのバックハンドをムグルッサが返せず、最初のポイントはビーナス。続くポイントはフォアハンドのウイナーでムグルッサが奪い返すと、続くポイントはネットにでたムグルッサがバックハンドボレーで奪い15-30。さらにビーナスのショットがアウトとなり、ムグルッサが40-15とゲームポイントを迎える。ここでバックハンドのウイナーを決めた、ムグルッサがキープ。

【第1セット/第7ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 3-4 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第7ゲーム、ビーナスのサービスゲーム。ビーナスにとってこの試合初のダブルフォルトで最初のポイントはムグルッサ。しかしビーナスがフォアハンドのウイナーで15-15とする。さらにネットに出たビーナスのボレーを返そうとしたムグルッサのショットがアウトとなり30-15とするが、ムグルッサのバックハンドウイナーで30-30とする。ここでムグルッサのショットがアウトとなり40-30とビーナスがゲームポイントを迎えるが、ここでこのゲーム2回目のダブルフォルトでデュース。4度目のデュースの後、ビーナスがサービスエースで4度目のゲームポイントを迎えると、ムグルッサのショットがアウトとなり、ビーナスがキープ。

【第1セット/第6ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 3-3 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第6ゲーム、ムグルッサのサービスゲーム。ムグルッサのサービスをビーナスが返しきれず、最初のポイントはムグルッサ。続くポイントではムグルッサのショットがネットにかかり、15-15となる。ここでビーナスのショットがネットにかかり30-15とするが、ムグルッサがこの試合2度目のダブルフォルトで30-30となる。ここでビーナスがフォアハンドのクロスでウイナーを決め30-40とこの試合初のブレークポイントを迎えるが、ビーナスのショットがネットにかかりデュース。そしてムグルッサがこの試合初のサービスエースでゲームポイントを迎える。そしてビーナスのショットがアウトとなり、ムグルッサがキープ。

【第1セット/第5ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 2-3 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第5ゲーム、ビーナスのサービスゲーム。フォアハンドのウイナーでビーナスが最初のポイントを奪うと、続くポイントも連取し30-0。さらにムグルッサのショットがネットにかかり、40-0とビーナスがゲームポイントを迎える。ここでムグルッサのショットがアウトとなり、ラブゲームでビーナスがキープ。

【第1セット/第4ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 2-2 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第4ゲーム、ムグルッサのサービスゲーム。ムグルッサのサービスをビーナスが返しきれず、最初のポイントはムグルッサ。続くポイントもムグルッサが奪い30-0。ムグルッサのショットがアウトとなり30-15となるが、ビーナスのスライスがネットにかかり40-15とムグルッサがゲームポイントを迎える。ここでビーナスのショットがアウトとなり、ムグルッサがキープ。

【第1セット/第3ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 1-2 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第3ゲーム、ビーナスのサービスゲーム。最初のポイントはビーナス。さらにムグルッサのショットがアウトとなり30-0とすると、ムグルッサのリターンをビーナスが返しきれず30-15。ここでビーナスのフォアハンドのウイナーでゲームポイントを迎える。ビーナスのショットがわずかにアウトとなり、ムグルッサが1ポイントを返すが、40-30からムグルッサのショットがわずかにアウトとなり、ビーナスがキープ。

【第1セット/第2ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 1-1 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
第2ゲーム、ムグルッサのサービスゲーム。ムグルッサのダブルフォルトで最初のポイントはビーナス。しかしここからムグルッサのサービスをビーナスが返しきれず、連続ポイントを奪い30-15。さらにバックハンドのボレーを決めムグルッサが40-15とゲームポイントを迎える。ここでムグルッサがバックハンドのハーフボレーで、ムグルッサがキープ。

【第1セット/第1ゲーム:ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[14] 0-1 ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[10]】
2017年ウィンブルドン女子シングルス決勝のカードはガルビネ・ムグルッサ(スペイン)対ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)。第14シードと第10シードの対戦となるが、一昨年のファイナリストと5度のチャンピオンとの対戦とも言える。対戦成績は、ビーナスが3勝、ムグルッサが1勝。直近の対戦でムグルッサが初めてビーナスに勝利した。この両者、芝では初対戦。またウィンブルドンの決勝でビーナスは妹セレナ以外に負けた事が無く、一昨年の決勝でムグルッサが敗れた相手はセレナだった。
第1ゲーム、ビーナスのサービスゲーム。いきなりのサービスエースで最初のポイントはビーナス。続くポイントはムグルッサが奪い、両者ポイントを重ねて30-30。ここでビーナスがポイントを奪い40-30とゲームポイントを迎えると、バックハンドのウイナーで、ビーナスがキープ。

(テニスデイリー/ナノ・アソシエーション)

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の女子シングルス準々決勝で全仏女王のエレナ・オスタペンコを破った37歳のビーナス・ウイリアムズ
Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 11: Venus Williams of The United States celebrates victory after the Ladies Singles quarter final match against Jelena Ostapenko of Latvia on day eight of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 11, 2017 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu