ウィンブルドン

フェデラーがベルディヒを下して11度目の決勝進出 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス準決勝でトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を破り、11度目の決勝進出を果たしたロジャー・フェデラー (スイス)

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3~16日/グラスコート)の男子シングルス準決勝で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第11シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を7-6(4) 7-6(4) 6-4で破り、11度目の決勝進出を果たした。試合時間は2時間18分。

 ウィンブルドンに19年連続出場となるフェデラーは、最多タイ記録となる7度の優勝(2003年~07年、09年、12年)を誇っている。昨年は準決勝で、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に3-6 7-6(3) 6-4 5-7 3-6で敗れていた。フェデラーは今大会で、まだ1セットも落としていない。

 この結果でフェデラーは、ベルディヒとの対戦成績を19勝6敗とした。今シーズンは2度対戦しており、1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の3回戦は6-2 6-4 6-4で、3月のマイアミ(ATP1000/ハードコート)の準々決勝では6-2 3-6 7-6(6)で、いずれもフェデラーが勝っていた。

 フェデラーは男子では前人未到となる8度目のタイトル獲得をかけて、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは準決勝で、第24シードのサム・クエリー(アメリカ)を6-7(6) 6-4 7-6(3) 7-5で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス準決勝でトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を破り、11度目の決勝進出を果たしたロジャー・フェデラー(スイス)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)でともに2度目のミックスダブルス優勝を果たしたジェイミー・マレー(左)とマルチナ・ヒンギス(右) Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 16: Jamie Murray of Great Britain and partner Martina Hingis of Switzerland celebrate championship point and victory during the Mixed Doubles final match

2017.07.17

ジェイミー・マレーとヒンギスがともに2度目のミックスダブルス優勝 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

「ウィンブルドン」で8度目、グランドスラムでは19度目の優勝カップを手にしたロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

「長い道のりだった」----フェデラーが記録破りの8度目タイトル獲得 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」決勝で、足裏のマメに痛みにより治療を受けるマリン・チリッチ(クロアチア/右)と集中し続けるロジャー・フェデラー(スイス/左)

2017.07.17

チリッチは痛みと涙の狭間に「勝つ可能性があまりないとわかって...」 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」で8度目の優勝、グランドスラム全体では19度目のタイトル獲得を果たしたロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.18

「最近は、あまり先のことは考えられない」とフェデラー