マイページ

ウィンブルドン

フェデラー、ジョコビッチが今回は3セットをプレーして3回戦へ [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」2回戦でドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)をストレートセットで下した第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(7月3~16日/グラスコート)のシングルス2回戦で、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が、今回は3セットすべてをプレーした。

 対戦相手が故障で棄権したため、早めに切り上げることになった初戦のあと、ふたりのチャンピオンたちはともにストレートセットで3回戦に駒を進めた。

 フェデラーは試合の序盤でブレークを許したが、素早く立ち直り、ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を7-6 (0) 6-3 6-2で下した。一方、ジョコビッチはアダム・パブラシェク(チェコ)を6-2 6-2 6-1で退けた。

 ジョコビッチは2011、2014、2015年にウィンブルドンで優勝を遂げているが、2016年の全仏オープン以来、グランドスラム大会で優勝していない。

 とはいえ今回のウィンブルドンでのジョコビッチは、これまでのところ2試合を戦い8ゲームしか失っていない。

 フェデラーはここまでの2試合で14ゲームを落としている。彼は次のラウンドで、第27シードのミーシャ・ズベレフ(ドイツ)と対戦する予定だ。

「完璧だ。まさに望み通りだよ」とジョコビッチは言った。「この段階で5セットマッチはやりたくない」。

 ジョコビッチは次のラウンドでエルネスツ・グルビス(ラトビア)と対戦する。ノーシードのグルビスは、第29シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)を6-4 6-4 7-6(3)で下して勝ち上がった。

 グルビスは2016年の全仏オープンで4回戦に進んでいるが、それ以降、今週のウィンブルドン1回戦までツアーレベルの大会の試合に勝っていなかった。彼がこれ以前にウィンブルドンの3回戦に進んだのは、2013年まで遡る。2014年の全仏では準決勝まで進んでいる。

 デル ポトロに対してグルビスは25本のサービスエースを決め、一度しかブレークを許さなかった。また、グルビスは60本、デル ポトロは30本と、グルビスが2倍のウィナーを決めている。

 第23シードのジョン・イズナー(アメリカ)は45本のサービスエースを放ったが、2回戦に勝つには十分ではなかったようだ。彼は世界ランク90位のデュディ・セラ(イスラエル)に7-6(5) 6-7(5) 7-5 6-7(5) 3-6で敗れた。

 身長208cmのイズナーは、175cmのセラに高さという面で大きなアドバンテージを持っていたが、この日はそれも助けにはならなかった。試合のカギは、イズナーが第5セットでセラのサービスゲームを一度もブレークできなかったことにある。彼は6度あったブレークポイントのどれ一つをも、ものにすることができなかった。

 イズナーは2010年に、第5セット70-68というテニス史上最長の試合(対戦相手はフランスのニコラ・マウ)をプレーした場所、ウィンブルドンで一度も3回戦を超えたことがない。

 セラはウィンブルドンでの戦績が4勝8敗で、そのうち6敗が1回戦負けという、よくない記録を手に今年の大会に臨んだ。これ以前に彼が2回戦をクリアした唯一のケースは2009年に4回戦進出を果たしたときだけだった。

 昨年のウィンブルドン準優勝者で第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、第8シードのドミニク・ティーム(オーストリア)、2010年ウィンブルドン準優勝者で第11シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)、第13シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、ダビド・フェレール(スペイン)も3回戦に駒を進めた。

 ラオニッチはミカエル・ユーズニー(ロシア)を3-6 7-6(7) 6-4 7-5で下した。ティームはジル・シモン(フランス)を5-7 6-4 6-2 6-4で、ベルディヒはライアン・ハリソン(アメリカ)を6-4 6-3 6-7(10) 6-3で、ディミトロフはマルコス・バグダティス(キプロス)を6-3 6-2 6-1を退けた。フェレールは第1セットを3-0としたところで、対戦相手のスティーブ・ダルシー(ベルギー)が棄権したため、勝ち上がった。

 ダルシーは今週途中棄権した8人目の男子プレーヤーとなった。わずか18分のプレーのあとにメディカル・タイムアウトをとり、それ以降、プレーを続けることができなかった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「ウィンブルドン」2回戦でドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)をストレートセットで下した第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)。(写真◎Getty Images)
Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 06: Roger Federer of Switzerland plays a forehand during the Gentlemen's Singles second round match against Dusan Lajovic of Serbia on day four of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 6, 2017 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)のシングルスで予選からベスト4進出を決めた加藤未唯

2017.09.15

加藤未唯が自身初のツアー準決勝進出「最後まで気持ちがぶれずにできた」 [JAPAN WOMEN'S OPEN]