マイページ

ウィンブルドン

フェデラー、ラオニッチ、ティームらが3回戦へ [ウィンブルドン]

ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス2回戦でミカエル・ユーズニー(ロシア)を破った第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)(撮影◎小山真司/テニスマガジン)

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3~16日/グラスコート)の男子シングルス2回戦で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)がドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を7-6(0) 6-3 6-2で下して3回戦に駒を進めた。試合時間は1時間30分。

 ウィンブルドンに19年連続出場となるフェデラーは、最多タイ記録となる7度の優勝(2003年~07年、09年、12年)を誇っている。昨年は準決勝で、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に3-6 7-6(3) 6-4 5-7 3-6で敗れていた。

 フェデラーは3回戦で、ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)を6-1 6-2 2-6 3-6 6-4で破って勝ち上がった第27シードのミーシャ・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。

 そのほかの試合では、第6シードのラオニッチ、第8シードのドミニク・ティーム(オーストリア)、第10シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、第11シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)、第25シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)、ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)、予選勝者のセバスティアン・オフナー(オーストリア)が2回戦を突破。第17シードのジャック・ソック(アメリカ)は、オフナーに3-6 4-6 6-3 6-2 2-6で敗れた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

◇   ◇   ◇

【男子シングルス2回戦 主な試合結果】

○65ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[6] 3-6 7-6(7) 6-4 7-5 ●67ミカエル・ユーズニー(ロシア)

○72アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)[25] 7-5 6-7(6) 4-6 6-3 6-4 ●69アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[Q]

○76セバスティアン・オフナー(オーストリア)[Q] 6-3 6-4 3-6 2-6 6-2 ●73ジャック・ソック(アメリカ)[17]

○80アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[10] 6-3 6-4 6-3 ●78フランセス・ティアフォー(アメリカ)

○96ロジャー・フェデラー(スイス)[3] 7-6(0) 6-3 6-2 ●94ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)

○97ドミニク・ティーム(オーストリア)[8] 5-7 6-4 6-2 6-4 ●99ジル・シモン(フランス)

○102ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)6-4 7-6(0) 6-7(0) 6-2 ●104パオロ・ロレンツィ(イタリア)[32]

○112トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)[11] 6-4 6-3 6-7(8) 6-3 ●110ライアン・ハリソン(アメリカ)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス2回戦でミカエル・ユーズニー(ロシア)を破った第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)(撮影◎小山真司/テニスマガジン)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

厳しい表情を見せるラファエル・ナダル

2017.11.14

ナダルが棄権、初優勝は来年に持ち越しに[ATPファイナルズ]

「ATPファイナルズ」で初戦に勝利したフェデラー

2017.11.13

フェデラー「合わせづらかった」。相手にお尻突き出される珍事も、動じず1勝を挙げる[ATPファイナルズ・ラウンドロビン1日目]

観客席から大きな拍手で見送られコートを後にするフェデラー

2017.11.19

フェデラー陥落。ゴファンの攻撃が冴え決勝進出を逃す[ATPファイナルズ]

写真は試合後に固い握手を交わすフェデラーとズベレフ

2017.11.15

【大会3日目】フェデラーがズベレフを破り準決勝へ、ソックも望みをつなぐ勝ち星を掴む[ATPファイナルズ]

2017.03.21

ワウリンカが、笑うフェデラーに手向けた友情のこもった罵り言葉