マイページ

全仏オープン

プリスコバ、パブリウチェンコワ、ストーサーらが初戦を突破 [全仏オープン]

「全仏オープン」(フランス・パリ)で2回戦に進出したカロリーナ・プリスコバ(チェコ)(撮影◎毛受亮介/テニスマガジン)

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)がジェン・サイサイ(中国)を7-5 6-2で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間20分。

 全仏オープンに6年連続出場となるプリスコバは、過去2度の2回戦進出がこれまでの最高成績。昨年は1回戦で、シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)に6-3 4-6 3-6で敗れていた。今シーズンは1月のブリスベンと2月のドーハ(ともにWTAプレミア/ハードコート)で優勝するなど、世界ランク自己最高の3位で今大会を迎えている。

 プリスコバは2回戦で、エカテリーナ・アレクサンドロバ(ロシア)と対戦する。アレクサンドロバは1回戦で、カテリーナ・シニアコバ(チェコ)を7-5 6-2で下しての勝ち上がり。

 そのほかの試合では、第16シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)、第23シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)、第29シードのアナ・コニュ(クロアチア)、マグダ・リネッテ(ポーランド)らが2回戦に進出。前週のストラスブール(WTAインターナショナル/クレーコート)で準優勝を果たした第24シードのダリア・ガブリロワ(オーストラリア)はエリーゼ・メルテンス(ベルギー)に6-7(4) 6-1 4-6で敗れた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

◇   ◇   ◇

【女子シングルス1回戦 主な試合結果】

○9サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[23] 7-5 6-1 ●10クリスティーナ・クコバ(スロバキア)

○19フランソワーズ・アバンダ(カナダ)[Q] 6-3 6-4 ●20テッサ・アンドリアンジャフィトリモ(フランス)[WC]

○45サラ・エラーニ(イタリア)[Q] 7-6(7) 6-1 ●46土居美咲(日本/ミキハウス)

○55エリーゼ・メルテンス(ベルギー)7-6(4) 1-6 6-4 ●56ダリア・ガブリロワ(オーストラリア)[24]

○70マグダ・リネッテ(ポーランド)6-0 7-5 ●69アリゼ・リム(フランス)[WC]

○72アナ・コニュ(クロアチア)[29] 7-5 7-6(4) ●71ダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)

○113アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)[16] 6-1 1-0 Ret. ●114パトリシア マリア・ティーグ(ルーマニア)

○125エカテリーナ・アレクサンドロバ(ロシア)6-4 2-6 6-2 ●126カテリーナ・シニアコバ(チェコ)

○128カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[2] 7-5 6-2 ●127ジェン・サイサイ(中国)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「全仏オープン」(フランス・パリ)で2回戦に進出したカロリーナ・プリスコバ(チェコ)(撮影◎毛受亮介/テニスマガジン)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

2017年の「全豪オープン」の試合でフェデラーとすれ違う錦織

2017.12.05

錦織もジョコもマレーも。トップ選手たちが「全豪オープン」で続々GSカムバックの見込み

「全米オープン」で優勝した際のナダル

2017.12.05

ナダルに見るプロテニス選手のお金の使い道とは?

引退セレモニーでの伊達公子さん

2017.12.05

伊達公子さん「半端ない痛みに耐えた」無事に手術を終え退院

フェデラーの強さの秘訣を語るアンドレ・アガシ(今年のメキシコのイベントに参加したときのもの)

2017.12.05

アガシが「フェデラーは特別」。フェデラーの強さについて語る

写真は2017年全豪オープンテニスでの錦織圭

2017.12.07

錦織圭、復帰への心境を語る「なるべく早くトップに戻っていきたい」