グランドスラム

2016年のジョコビッチは「ジョーカー・スラム」を目指す [全豪オープン]

 オーストラリア・メルボルンで開催された「全豪オープン」(1月18~31日/グランドスラム/ハードコート)。

 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は今季の目標を「ザ・ジョーカー・スラム」と名付けた。

 すでに11度のグランドスラム優勝を果たした彼だが、まだ達成していないことが一つある。

「全仏オープンだ。これにはまだ勝てていない」とジョコビッチは全豪オープンでは最多タイとなる6度目の優勝果たした翌日の月曜日に話している。彼の目はすでにパリに向いている。「あのトロフィーを手に入れるにはどうすればいいかを自分自身で考えてみるよ」。

 ジョコビッチの飽くなき完璧なテニスへの野望は、彼を素晴らしいレベルに引き上げた。日曜日の決勝ではアンディ・マレー(イギリス)を相手に6-1 7-5 7-6(3)で勝利して、そのレベルの高さを見せつけた。試合ではジョコビッチが圧倒。マレーは弱点が露になった。世界2位のマレーはこれまで5度全豪オープンの決勝に進出したがすべて準優勝で、そのうちの4回はジョコビッチに敗れている。

 また、ジョコビッチは全豪オープンの長い歴史の中で最多となる6度目の優勝を挙げた。これは1960年代のテニスのアマチュア時代にロイ・エマーソン(オーストラリア)が残した記録と並んだことになる。

 今季の彼は、テニス史上でももっとも素晴らしいシーズンと呼ばれた昨年の勢いをそのままに力強いスタートを切った。彼は昨年、4度目の世界ナンバーワンでのフィニッシュを果たし、全豪オープン、ウィンブルドン、全米オープンを制していた。

 全仏オープンでも決勝に進出したジョコビッチだったが、スタン・ワウリンカ(スイス)に敗れていた。これは彼にとって3度目の全仏オープンでの準優勝だった。

「毎年、近い所まで行けている感じがしているんだ」とジョコビッチは決勝のあとのテレビのインタビューで話している。彼はもし、全仏オープンで勝てたらグランドスラム4連勝になるがと聞かれ、それにどんな名前をつけるかと聞かれた。女子ではセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が以前達成しており、彼女は「セレナ・スラム」と名前をつけていた。

「"ジョーカー・スラム"だね。悪くない。気に入ったよ」と28歳のジョコビッチは言う。これは彼のニックネームに由来するものだ。「結果が示してくれる。このままの状態を維持していきたいね」。

 ジョコビッチはすでにグランドスラムで11勝。14勝のラファエル・ナダル(スペイン)、17勝のロジャー・フェデラー(スイス)にも確実に近づいている。

 フェデラー、ナダル、マレー、そしてジョコビッチの4人を指して「ビッグ4」と呼ばれてきた。だが、ジョコビッチは彼らに対しても対戦成績で差をつけている。フェデラーに対しては23勝22敗、マレーに対しては22勝9敗、ナダルに対しては24勝23敗と、今や全員に勝ち越しているのだ。

 全豪オープンでのジョコビッチはフェデラーを準決勝で4セットで倒した。ナダルは1回戦で敗れ、彼がグランドスラムの優勝を争った日々は過去のものになったのではないかという疑問が浮上している。昨年のナダルは2004年以来初めてグランドスラムのタイトルを獲れずに終わっていた。

 大会を通して、ジョコビッチはナンバーワンとそのほかの選手たちの差が広がっているのではないかという質問を繰り返し受けていた。最後の記者会見で彼は、喩え話を交えてこう答えていた。

 丘を駆け上がる狼は、丘の上に立っている狼よりも飢えている。

「テニスコートで戦う全員は、毎週自分がナンバーワンになるために戦っているし、ナンバーワンになることにとても飢えていると信じている」とジョコビッチ。「僕は楽しみたいんだ。そして、楽しむつもり。でも、それはこの先の数日のことで、そのあとはどうやったら自分が今のプレーを今季の残りの大会でもずっと続けていけるかについて考えているだろうと思うよ」。

 喩え話に戻って、狼はパリの大会に向けてどれほど飢えているのかと彼は聞かれた。

「とても飢えているね」とジョコビッチは笑顔を見せた。「でも、パリを食うためには、狼はほかにもたくさん食べないといけないものがある。パリはデザートだよ」。(C)AP

Photo:MELBOURNE, AUSTRALIA - FEBRUARY 01: Novak Djokovic of Serbia poses with the Norman Brookes Challenge Cup after winning the Men's Singles Final during the Australian Open 2016 Men's Champion Photocall at Government House on February 1, 2016 in Melbourne, Australia. (Photo by Scott Barbour/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)でともに2度目のミックスダブルス優勝を果たしたジェイミー・マレー(左)とマルチナ・ヒンギス(右) Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 16: Jamie Murray of Great Britain and partner Martina Hingis of Switzerland celebrate championship point and victory during the Mixed Doubles final match

2017.07.17

ジェイミー・マレーとヒンギスがともに2度目のミックスダブルス優勝 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス準決勝でトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を破り、11度目の決勝進出を果たしたロジャー・フェデラー (スイス)

2017.07.15

フェデラーがベルディヒを下して11度目の決勝進出 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」準々決勝で第11シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)との試合を右肘の故障により途中棄権した第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)。記者会見で休養を示唆した。

2017.07.13

ジョコビッチが長期の休養を示唆 [ウィンブルドン]

ロジャー・フェデラー

2017.07.14

【速報】ウィンブルドン第11日