マイページ

ATP(男子ツアー)

「気づけば決勝だ」フェデラーがソックを破り、ワウリンカとのスイス対決へ [BNPパリバ・オープン]

 アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズで開催されている「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/本戦3月9~19日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)は本戦10日目、男子シングルスの準決勝が行われた。

 今大会ではベスト8が最高だった第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス)が第21シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を6-3 6-2で一蹴し、マスターズ1000では3年前のモンテカルロ以来の決勝進出。そのとき決勝で破った相手が第9シードのロジャー・フェデラー(スイス)だったが、そのフェデラーは第17シードのジャック・ソック(アメリカ)を6-1 7-6(4)で退けた。

   ◇   ◇   ◇

 前日、ニック・キリオス(オーストラリア)の棄権により不戦勝となったフェデラーは、一日オフを獲得。それだけでなく、ファンのためにセンターコートで10分間だけオンコート・インタビューに答え、その中でトミー・ハース(ドイツ)とグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)とともに歌った『Hard To Say I'm Sorry(邦題/素直になれなくて)』がスクリーンで大々的に披露された。

 現役プレーヤーでありながら今年からトーナメントディレクターを務めるハースと、〈ベイビー・フェデラー〉と呼ばれたディミトロフとともに結成されたユニット名は『One handed backhand boys』。全員バックハンドは片手打ちである。楽しみにしていた試合が見られなくなってがっかりしていた観客はフェデラーの登場に喜び、フェデラーと同じ空間で見るフェデラーの歌う動画に大いに湧いた。

 もはや大会はフェデラー一色だ。準決勝の対戦相手がアメリカ人では5年ぶりに準決勝に駒を進めたソックといえども、それを止めることはできなかった。

 ソックは前日の錦織圭(日清食品)との準々決勝で有効だったキックサーブとトップスピンでフェデラーに挑んだ。ファーストサービスでは80%という比較的高いポイント獲得率を記録したが、セカンドサービスは攻め込まれた。

 サービスだろうがストロークだろうが、おそらく片手打ちバックハンドの泣き所といわれるバックハンド側に高く弾むボールは、フェデラーが克服にもっとも長い時間をかけてきたものである。

 華麗でアグレッシブなオールラウンダーは、過去の対戦で2勝している相手ソックを序盤から圧倒。フェデラーが鮮やかなショットを決めるたびに観客は沸き、どちらがホームでどちらがアウェーかわからないほどだった。第1セットは2度のブレークで寄せつけなかった。

 第2セットになると第1セットは60%だったファーストサービスの確率が50%を割り、ブレークはされなかったが、「全体的にレベルが落ちた」。第7ゲームのブレークポイントを生かせず、シーソーゲームのまま勝負はタイブレークへ。先にミニブレークをしたのはソックだったが、5ポイント目でミニブレークバックに成功し、4-4から3ポイントを連取した。

 今回のドローはフェデラーのいた第4クォーターがもっとも厳しく、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ラファエル・ナダル(スペイン)、キリオス、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)など強豪がひしめいていた。

 そこを抜け出し、「ニックは絶好調だから、対戦しないで済んだのはラッキーだった」とフェデラー。「勝ち上がるのは険しい山道のように思えたけど、気づけばもう決勝だ。調子がいいとこんなものなんだね」と好調と幸運の両方をアピールした。

 5年ぶり5度目の優勝をかけた決勝は、同国のワウリンカが相手だ。フェデラーとワウリンカの対決は過去22回あるが、うち決勝戦はモンテカルロの一度だけ。今“旬”の片手打ちバックハンド対決でもある。

テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美)

※写真は「BNPパリバ・オープン」で地元アメリカのジャック・ソックを倒し、決勝進出を決めたロジャー・フェデラー(スイス)
Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 18: Roger Federer of Switzerland plays a backhand against Jack Sock of the United States in their semi final match during day thirteen of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 18, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)のシングルスで予選からベスト4進出を決めた加藤未唯

2017.09.15

加藤未唯が自身初のツアー準決勝進出「最後まで気持ちがぶれずにできた」 [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第2試合でブラジルのチアゴ・モンテーロをフルセットで倒した添田豪 Photo: OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Go Soeda of Japan celebrates after winning his singles match against Thiago Monteiro of Brazil during day one of the Davis Cup World Group

2017.09.15

添田豪が相手エースのモンテーロをフルセットで倒し、日本が初日2勝 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]