マイページ

ATP(男子ツアー)

フェデラーがナダルを1時間8分で破り、準々決勝進出 [BNPパリバ・オープン]

 アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズで開催されている 「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/3月9~19日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)の男子シングルス4回戦で、第9シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)を6-2 6-3で倒して準々決勝に進出した。試合時間は1時間8分。

 フェデラーは4回戦の前に、全豪オープンでの勝利に酔うことなく、新しいチャンスを築きたい、よい動きができれば(ナダルに)勝つチャンスはある、と話していた。

 今大会に2年ぶり16度目の出場となるフェデラー。これまでに6度決勝に進出し、4回優勝(2004、2005、2006、2012年)している。2013年は準々決勝でナダルに、2014年と2015年は決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れ、昨年は膝の半月板手術の影響で欠場していた。

 ナダルは2007年、09年、2013年に今大会のタイトルを獲得していた。

 今回の結果により、フェデラーはナダルとの対戦成績を13勝23敗、ハードコートでの対戦成績を9勝9敗と縮めた。両者の対戦は1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)決勝以来で、全豪ではフェデラーが6-4 3-6 6-1 3-6 6-3でナダルを破り、自身が持つ史上最多記録を更新する18度目のグランドスラム制覇を達成していた。

 フェデラーは次の準々決勝で、第15シードのニック・キリオス(オーストラリア)と対戦する。キリオスは4回戦で、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-4 7-6(3)で下しての勝ち上がり。

 35歳のフェデラーと21歳のキリオスの過去の対戦は一度あり、2015年のマドリッド(ATP1000/スペイン・マドリッド/クレーコート)の3回戦で、6-7(2) 7-6(5) 7-6(12)でキリオスが勝っている。


Photo:INDIAN WELLS, CA - MARCH 15: Roger Federer of Switzerland celebrates to the crowd after his straight sets victory against Rafael Nadal of Spain in their fourth round match during day ten of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 15, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)のシングルスで予選からベスト4進出を決めた加藤未唯

2017.09.15

加藤未唯が自身初のツアー準決勝進出「最後まで気持ちがぶれずにできた」 [JAPAN WOMEN'S OPEN]