マイページ

ATP(男子ツアー)

錦織が準々決勝へ、ジョコビッチはキリオスに敗れ連覇に終止符 [BNPパリバ・オープン]

 アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズで開催されている「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/3月9~19日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)の男子シングルス4回戦で、第4シードの錦織圭(日清食品)がドナルド・ヤング(アメリカ)を6-2 6-4で破り、準々決勝に進出した。錦織はヤングとの5対戦のすべてに勝ったことになる。

 「彼(ヤング)は第2セットに入ってから、ずっとよいプレーをし始めた。よりコート内に踏み込んでプレーをしていたように思う。そして僕のほうは少し後退してしまった」と試合後、錦織は振り返った。「でも1-4から僕はよりコート内に踏み込み、よりアグレッシブにプレーし始めたと思う」。

 錦織は準々決勝で、マレク・ジャジリ(チュニジア)を4-6 7-6(1) 7-5で倒して勝ち上がった第17シードのジャック・ソック(アメリカ)と対戦する。ソックは初戦の2回戦から3試合連続のフルセット勝利で、一方の錦織は3試合連続のストレート勝利だ。

 同日、第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第9シードのロジャー・フェデラー(スイス)も対戦する。4回戦での顔合わせは、彼らの初対戦だった2004年マイアミ(ATP1000)の3回戦に次いで早いラウンドでの対戦。ナダルは、13年にわたるライバル関係の通算対戦成績で23勝12敗とリードしている。ハードコートでは9勝8敗だ。

 センターコートで2番目の男子シングルス4回戦では、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第15シードのニック・キリオスに4-6 6-7(3)で敗れる番狂わせが起きた。とはいえ、ジョコビッチは今月初めにアカプルコ(ATP500)でのふたりの初対戦でキリオスに敗れたばかり。いまやジョコビッチの天敵と呼ばれそうなキリオスは、インディアンウェルズで3連覇していたジョコビッチの連勝記録にその手で終止符を打った。

 キリオスはナダルとフェデラーの試合の勝者と準々決勝で対戦する。

 また、第21シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)がドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を6-4 7-6(5)で、第27シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)は第11シードのダビド・ゴファンを6-3 3-6 6-3で倒し、両者が準々決勝で対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「BNPパリバ・オープン」4回戦で対戦した錦織圭(日清食品)とドナルド・ヤング(アメリカ)
Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 15: Kei Nishikori of Japan shakes hands at the net after his straight sets victory against Donald Young of the United States in their fourth round match during day ten of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 15, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

厳しい表情を見せるラファエル・ナダル

2017.11.14

ナダルが棄権、初優勝は来年に持ち越しに[ATPファイナルズ]

「ATPファイナルズ」で初戦に勝利したフェデラー

2017.11.13

フェデラー「合わせづらかった」。相手にお尻突き出される珍事も、動じず1勝を挙げる[ATPファイナルズ・ラウンドロビン1日目]

観客席から大きな拍手で見送られコートを後にするフェデラー

2017.11.19

フェデラー陥落。ゴファンの攻撃が冴え決勝進出を逃す[ATPファイナルズ]

写真は試合後に固い握手を交わすフェデラーとズベレフ

2017.11.15

【大会3日目】フェデラーがズベレフを破り準決勝へ、ソックも望みをつなぐ勝ち星を掴む[ATPファイナルズ]

2017.03.21

ワウリンカが、笑うフェデラーに手向けた友情のこもった罵り言葉