マイページ

ATP(男子ツアー)

錦織は決勝6連敗で今季2度目の準優勝、ドルゴポロフがツアー通算3勝目 [アルゼンチン・オープン]

 「アルゼンチン・オープン」(ATP250/アルゼンチン・ブエノスアイレス/2月13~19日/賞金総額54万6680ドル/クレーコート)のシングルス決勝で、第1シードの錦織圭(日清食品)はアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)に6-7(4) 4-6で敗れた。試合時間は1時間40分。

 ドルゴポロフは過去1セットも奪うことができていなかった錦織から、6度目の対戦で初勝利。昨年は3月のマイアミ(ATP1000/ハードコート)の3回戦と4月のバルセロナ(ATP500/クレーコート)の準々決勝で対戦し、いずれも錦織が勝っていた。

 世界ランク66位(2月13日付)のドルゴポロフは今大会にノーシードで出場。2回戦で第2シードの第2シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)を6-3 7-6(4)で、準決勝では第4シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を7-5 6-2で破るなど、全試合ストレート勝利で大会を制した。ATPツアーでの優勝は2012年8月のワシントンDC(ATP500/ハードコート)以来で、通算3勝目となる。

 今季開幕戦のブリスベン(ATP250/ハードコート)に続いて今シーズン2度目の準優勝となった錦織。ツアーでのタイトル獲得は4連覇を果たした昨年2月のメンフィス(ATP250/室内ハードコート)以来遠ざかっており、決勝では6連敗(通算11勝11敗)となった。

 錦織が世界ランク50位以下の選手に黒星を喫したのは、2014年10月の上海(ATP1000/ハードコート)の2回戦で当時60位のジャック・ソック(アメリカ)に6-7(5) 4-6で敗れて以来となる。


Photo: BUENOS AIRES, ARGENTINA - FEBRUARY 19: Kei Nishikori of Japan takes a forehand shot during a final match between Kei Nishikori of Japan and Alexandr Dolgopolov of Ukraine as part of ATP Argentina Open at Buenos Aires Lawn Tennis Club on February 19, 2017 in Buenos Aires, Argentina. (Photo by Gabriel Rossi/LatinContent/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

2017.09.20

ラインジャッジは不必要か、ATPが完全自動ライン判定をテスト