マイページ

ATP(男子ツアー)

錦織が全豪以来の大会出場、初戦は地元のシュワルツマン [アルゼンチン・オープン]

 「アルゼンチン・オープン」(アルゼンチン・ブエノスアイレス/2月13~19日/賞金総額54万6680ドル/クレーコート)で日本の錦織圭(日清食品)が全豪オープン以来の大会に出場する。

 世界ランキング5位(2月13日付)の錦織は第1シードとなり、初戦となる2回戦の対戦相手はディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に決まった。シュワルツマンは1回戦で、ファクンド・バグニス(アルゼンチン)を6-1 6-4で下して勝ち上がっている。

 今大会には7年ぶり2度目の出場となる錦織。前回は準々決勝で、スタン・ワウリンカ(スイス)に4-6 2-6で敗れていた。

 アルゼンチン・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

◇   ◇   ◇

【錦織の今大会での過去の戦績】

<2012年>

準々決勝 ●錦織[4] 4-6 2-6 ○スタン・ワウリンカ(スイス)[6]

2回戦 ○錦織[4] 3-6 7-5 6-1 ●ビクトル・ハネスク(ルーマニア)

1回戦 ○錦織[4] 7-5 3-6 6-2 ●フアン カルロス・フェレロ(スペイン)

------------------------

【上位出場選手シード順位】

錦織圭(日本/日清食品)[1]
パブロ・クエバス(ウルグアイ)[2]
ダビド・フェレール(スペイン)[3]
パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[4]

※[ ]数字はシード順位


※写真は全豪オープンでの錦織圭
Photo:MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 20: Kei Nishikori of Japan reacts in his third round match against Lukas Lacko of Slovakia on day five of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 20, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Pat Scala/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

練習を再開した錦織圭(ウィンブルドンのときのもの)

2017.10.21

右手首故障の錦織圭がラケットを使用した練習を再開

「ストックホルム・オープン」でベスト8進出を決めた杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.19

杉田が元世界8位を破りベスト8進出。デル ポトロとの対戦が濃厚[ストックホルム・オープン]

「上海ロレックス・マスターズ」優勝を飾ったフェデラー

2017.10.15

フェデラーが王者ナダルを圧倒しマスターズ通算27個目のタイトルを獲得[上海ロレックス・マスターズ]

「ストックホルム・オープン」で2回戦へ進出した杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.17

杉田が大逆転で2回戦進出へ[ストックホルム・オープン]

「上海ロレックス・マスターズ」で優勝したフェデラーと準優勝のナダル

2017.10.16

フェデラーとナダルのライバル関係は熱いまま