マイページ

ATP(男子ツアー)

ラオニッチ、ナダルが勝ち上がり、準々決勝で対決へ [ブリスベン国際]

 オーストラリア・ブリスベンで開催されている 「ブリスベン国際」(ATP250/1月1~8日/賞金総額43万7380ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、前年度覇者で第1シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦することになった。

 1回戦がBYE(免除)だったラオニッチは12本のサービスエースを奪い、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-3 6-2で破った。

 一方、左手首の故障のため強いられた数ヵ月の休止を経て復帰したナダルは、ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)を6-1 6-1で倒すのにわずか55分しか必要としなかった。

 「故障と辛い日々のあと、コートに戻ってくるというのは特別な気持ちだ」とナダル。

 30歳のナダルはパット・ラフター・アリーナの観客たちに向かってこう言った。「これは僕にとって非常に大きな意味を持つ。プレーに戻るために必死に奮闘しただけにいっそう、みなさんのサポートはすごく大きな重要性を持つものなんだ」。

 ナダルは先週アブダビで行われたエキシビションでラオニッチを破っており、ここまでのツアーの対戦成績でも6勝1敗とリードしている。それでもラオニッチはナダルとの対戦を楽しみにしているという。

 「素晴らしい任務だよ。今、多くのことをうまくやっていると感じているから、彼と張り合い、いいテニスができるよう祈っている」とラオニッチは言った。

 第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したサム・グロス(オーストラリア)を7-6(5) 6-3で破り、準々決勝に駒を進めた。彼はそこで第7シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。ディミトロフはニコラ・マウ(フランス)を6-2 6-4で倒して勝ち上がった。(C)AP

Photo: BRISBANE, AUSTRALIA - JANUARY 05: Milos Raonic of Canada plays a forehand during his quarter final match against Diego Schwartzman of Argentina during day five of the 2017 Brisbane International at Pat Rafter Arena on January 5, 2017 in Brisbane, Australia. (Photo by Chris Hyde/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

2017.09.20

ラインジャッジは不必要か、ATPが完全自動ライン判定をテスト