ATP(男子ツアー)

ラオニッチ、ナダルが勝ち上がり、準々決勝で対決へ [ブリスベン国際]

 オーストラリア・ブリスベンで開催されている 「ブリスベン国際」(ATP250/1月1~8日/賞金総額43万7380ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、前年度覇者で第1シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦することになった。

 1回戦がBYE(免除)だったラオニッチは12本のサービスエースを奪い、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-3 6-2で破った。

 一方、左手首の故障のため強いられた数ヵ月の休止を経て復帰したナダルは、ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)を6-1 6-1で倒すのにわずか55分しか必要としなかった。

 「故障と辛い日々のあと、コートに戻ってくるというのは特別な気持ちだ」とナダル。

 30歳のナダルはパット・ラフター・アリーナの観客たちに向かってこう言った。「これは僕にとって非常に大きな意味を持つ。プレーに戻るために必死に奮闘しただけにいっそう、みなさんのサポートはすごく大きな重要性を持つものなんだ」。

 ナダルは先週アブダビで行われたエキシビションでラオニッチを破っており、ここまでのツアーの対戦成績でも6勝1敗とリードしている。それでもラオニッチはナダルとの対戦を楽しみにしているという。

 「素晴らしい任務だよ。今、多くのことをうまくやっていると感じているから、彼と張り合い、いいテニスができるよう祈っている」とラオニッチは言った。

 第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したサム・グロス(オーストラリア)を7-6(5) 6-3で破り、準々決勝に駒を進めた。彼はそこで第7シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。ディミトロフはニコラ・マウ(フランス)を6-2 6-4で倒して勝ち上がった。(C)AP

Photo: BRISBANE, AUSTRALIA - JANUARY 05: Milos Raonic of Canada plays a forehand during his quarter final match against Diego Schwartzman of Argentina during day five of the 2017 Brisbane International at Pat Rafter Arena on January 5, 2017 in Brisbane, Australia. (Photo by Chris Hyde/Getty Images)

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

ストラスブール国際」(WTAインターナショナル)で1回戦を勝ち上がったカロリーヌ・ガルシア(フランス)(写真は5月のイタリアでのもの)

2017.05.23

地元ガルシアが勝利、第1シードのウォズニアッキは途中棄権 [ストラスブール国際]

「ジュネーブ・オープン」(ATP250)で2回戦に進んだケビン・アンダーソン(南アフリカ)(写真は5月のエストリルでのもの)

2017.05.23

アンダーソンがロレンツィに勝利、錦織は2回戦から [ジュネーブ・オープン]

奈良くるみ、全仏オープンへ

2017.05.23

【奈良くるみBlog更新】スロバキアから全仏へ

※写真はローマの大会での錦織圭 Photo:ROME, ITALY - MAY 18: Kei Nishikori of Japan during the men's third round match against Juan Martin Del Potro of Argentina on Day Five of the Internazionali BNL d'Italia 2017 at the Foro Italico on May 18, 2017 in Rome, Italy. (Photo

2017.05.23

錦織がワイルドカードで大会初出場、初戦は過去全勝のククシュキンに [ジュネーブ・オープン]

2017.05.23

第4シードの青山修子/ヤン・ジャオシュアンが初戦に快勝 [ストラスブール国際]