マイページ

ATP(男子ツアー)

錦織は初の決勝進出ならず、ジョコビッチがマレーとの頂上決戦へ [ATPファイナルズ]

 「バークレイ ATPワールドツアー・ファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月13~20日/賞金総額750万ドル/室内ハードコート)のシングルス準決勝で、第5シードの錦織圭(日清食品)は第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に1-6 1-6で敗れ、初の決勝進出はならなかった。試合時間は1時間6分。

 この結果でジョコビッチは錦織との対戦成績を11勝2敗とし、2014年の全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)以降の対錦織戦での連勝を10に伸ばした。前回の対戦は7月のトロント(ATP1000/ハードコート)の決勝で、ジョコビッチが6-3 7-5で勝っていた。

 今大会には3年連続出場となる26歳の錦織はグループ・ジョン・マッケンローを1勝2敗の2位で通過し、2年ぶりの決勝トーナメント進出。昨年はラウンドロビン1勝2敗でグループリーグ敗退に終わっていた。

 ATPワールドツアー・ファイナルズはATPツアー最終戦で、今季の成績上位8名(ダブルスは8組)のみで争われる大会。4人ずつのグループに分かれたラウンドロビンを行い、上位2名ずつが決勝トーナメントに進出する。

 ジョコビッチは前人未到の大会5連覇をかけた決勝で、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)と対戦する。マレーは準決勝で、第4シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を5-7 7-6(5) 7-6(9)で下しての勝ち上がり。


※写真はATPファイナルズ準決勝を戦い終えた錦織圭(右)とノバク・ジョコビッチ(左)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu