マイページ

ATP(男子ツアー)

マレーがラオニッチとの激闘を制して地元での初優勝に王手 [ATPファイナルズ]

 「バークレイ ATPワールドツアー・ファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月13~20日/賞金総額750万ドル/室内ハードコート)のシングルス準決勝で、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)が第4シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を5-7 7-6(5) 7-6(9)で下して決勝進出を果たした。試合時間は3時間38分。

 この結果でマレーはラオニッチに8連勝で、対戦成績を9勝3敗とした。今シーズンのグランドスラムでは1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の準決勝と7月のウィンブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)の決勝で対戦し、いずれもマレーの勝利。前回の対戦は8月のシンシナティ(ATP1000/ハードコート)の準決勝で、マレーが6-3 6-3で勝っていた。

 今大会に3年連続8度目の出場となる29歳のマレーは、4度目の決勝トーナメントで初の決勝進出。これまでは2008年、10年、12年の準決勝進出が最高成績だった。昨年はラウンドロビン1勝2敗でグループリーグ敗退に終わっていた。

 ATPワールドツアー・ファイナルズはATPツアー最終戦で、今季の成績上位8名(ダブルスは8組)のみで争われる大会。4人ずつのグループに分かれたラウンドロビンを行い、上位2名ずつが決勝トーナメントに進出する。

 マレーは地元イギリスでの初優勝をかけた決勝で、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第5シードの錦織圭(日清食品)の勝者と対戦する。


※写真はATPファイナルズ準決勝のマレー対ラオニッチ戦

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

2017.09.20

ラインジャッジは不必要か、ATPが完全自動ライン判定をテスト