マイページ

ATP(男子ツアー)

錦織はマレーに惜敗、大会史上最長試合 [ATPファイナルズ]

 世界トップ8によるエリート大会「バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ」(イギリス・ロンドン/賞金総額750万ドル/室内ハードコート)の第4日のシングルスは、ジョン・マッケンローグループのラウンドロビン(総当たり戦)第2戦を行った。世界ランキング5位の錦織圭(日清食品)は、今月7日付の同ランキングで初の1位を獲得したアンディ・マレー(イギリス)と対戦。第1セットをタイブレークで奪ったが、逆転で敗れた。試合時間3時間20分は、3セットマッチとしては大会史上最長となった。

 第1セットは一度もサービスブレークのない緊迫した展開となった。タイブレークでは6-3から3度のセットポイントを逃した錦織だが、逆に相手のセットポイントを2度しのぎ、11-9で制した。1ポイント1ポイントの中身が濃く、ここまで1時間25分を要した。

 第2セットは冒頭のサービスゲームでブレークを喫し、次のリターンゲームでは0-30としながらキープを許した。錦織が「いきなりブレークされたのは、(この試合で)一番悪かったところかも。耐えていれば展開も変わった」と悔やんだ場面だ。セット終盤にブレークバックに成功、4-4としたが、ふたたびブレークを許し、このセットはマレーに押しきられた。

 第3セット序盤も前のセットと似たような展開となった。ややプレーが淡泊になった錦織を、マレーがかさにかかって攻めてくる。1-5から3ゲーム連取で4-5まで食い下がったのは立派だったが、最後はマレーにラブゲームでサービスキープを許し、マラソンマッチは決着した。

 試合後、錦織が重い口を開いた。

 「大事なポイントでミスしたり、球が浅くなったり。特にブレークポイントが取れなかった。全体的にいいプレーだったが、取れるところをしっかり取っていかないと、1位、2位の選手には逆転されてしまう」

 錦織のブレークポイントは3セットで11度あったが、ブレーク成功は2度だけ。第1セットは3度のブレークチャンスをすべて逃し、タイブレークも5度目のセットポイントでようやくものにした。

 苦労して最初のセットを奪ったものの、集中力を費やしたことで第2セット序盤には気持ちの隙が生じたか。「多少、放心状態になっていた。それを戻せなかったのは自分の弱い部分」と錦織。この数ゲームが結果的に分岐点となった。第3セットも集中力のギアは上がらず、競り合いでの強さという最大の持ち味を発揮できなかった。

 勝利は逃したが、「試合内容は悪くなかった。自信を持って次に臨める」と手応えを得る試合となったのは間違いない。

 1勝1敗で迎えるマリン・チリッチ(クロアチア)との第3戦に準決勝進出を懸ける。錦織は「テニスはよくなっているので、しっかりプレーできればチャンスは全然ある」と前を向いた。

テニスマガジン/ライター◎秋山英宏)

【16日試合結果】※[ ] 数字はシード順位、およびダブルスはスーパータイブレークスコア

第1試合 ○ヘンリー・コンティネン/ジョン・ピアース(フィンランド/オーストラリア)[5] 6-3 6-4 ●レイブン・クラーセン/ラジーブ・ラム(南アフリカ/アメリカ)[7] 

第2試合 ○アンディ・マレー(イギリス)[1] 6-7(9) 6-4 6-4 ●錦織圭(日本)[5]

第3試合 ○フェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス(スペイン)[4] 7-5 5-7 [10-8] ●ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[1]

第4試合 ○スタン・ワウリンカ(スイス)[3] 7-6(3) 7-6(3) ●マリン・チリッチ(クロアチア)[7]

【17日試合予定】※[ ] 数字はシード順位、Alt=補欠

第1試合(12時開始)ボブ・ブライアン/マイク・ブライアン(アメリカ)[3] vs トリート・ヒューイ/マックス・ミルニー(フィリピン/ベラルーシ)[8]

第2試合(14時以降)ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2] vs ダビド・ゴファン(ベルギー)[9/Alt]  ※ガエル・モンフィス欠場のため

第3試合(18時以降)ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[2] vs イバン・ドディグ/マルセロ・メロ(クロアチア/ブラジル)[6]

第4試合(20時以降)ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[4] vs ドミニク・ティーム(オーストリア)[8]

※写真は「ATPファイナルズ」ラウンドロビン第2戦で世界1位のアンディ・マレー(イギリス)に敗れた錦織圭

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)のシングルスで予選からベスト4進出を決めた加藤未唯

2017.09.15

加藤未唯が自身初のツアー準決勝進出「最後まで気持ちがぶれずにできた」 [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第2試合でブラジルのチアゴ・モンテーロをフルセットで倒した添田豪 Photo: OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Go Soeda of Japan celebrates after winning his singles match against Thiago Monteiro of Brazil during day one of the Davis Cup World Group

2017.09.15

添田豪が相手エースのモンテーロをフルセットで倒し、日本が初日2勝 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]