マイページ

ATP(男子ツアー)

ジョコビッチが準決勝一番乗り、ラオニッチを倒し「自信につながる」 [ATPファイナルズ]

 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が年末ランキング1位にまた一歩近づいた。

 世界トップ8によるエリート大会「バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ」(イギリス・ロンドン/賞金総額750万ドル/室内ハードコート)の第3日はシングルスのラウンドロビン(総当たり戦)第2戦が行われ、ジョコビッチはミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を7-6(6) 7-6(5)で倒して準決勝進出を決めた。彼はまた、ラオニッチに対する通算成績を8勝0敗に伸ばした。

 ジョコビッチがもしも今週、アンディ・マレー(イギリス)よりいい成績を上げれば、世界1位の座を取り戻すことができる。イワン・レンドル・グループのジョコビッチは2勝0敗、ジョン・マッケンロー・グループのマレーは今のところ1勝0敗で水曜日に2試合目の対錦織圭(日清食品)戦をプレーする。

 ジョコビッチはこの日の2試合目を決して楽々とプレーしているようには見えなかったが、競ったタイブレークで踏ん張り抜き何とか勝利をものにした。

 「どちらにも転びうる試合だった」とジョコビッチ。

 彼は今季、全仏オープンで優勝し、生涯グランドスラム(キャリアを通して異なる4つのグランドスラムで優勝すること)を達成した。

 「双方のタイブレークの早い段階で僕はリードを奪われていたが、そこで頑張り抜き、何とか彼のセカンドサービスにプレッシャーをかけることができた」

 第1セットのジョコビッチは勝負をタイブレークにもち込むため、3つのブレークポイントをしのがなければならなかった。第2セットではジョコビッチのほうが2度にわたって先にブレークを果たしたが、そのたびにラオニッチが反撃して追いついた。

 今年ウィンブルドンで決勝進出を果たしているラオニッチはジョコビッチのプレーの不安定さもあって2つのタイブレークの双方でリードを奪ったが、そのリードを守りきることができなかった。

 「チャンスを得ることはできたが、ジョコビッチはそれらのチャンスのほとんどでいいプレーをしてきた」とラオニッチは言った。

 ラオニッチは次の試合でドミニク・ティーム(オーストリア)を倒しさえすれば準決勝に進むことができる。

 「ときに、僕らテニスプレーヤーは敗戦をなかなか忘れることができずに苦労するものだ。だが、今の僕がしなければならない第一のことが、それだ」

 この試合のジョコビッチはラオニッチのウィナー42本に対して11本しかウィナーを決められなかったが、それでも今大会5連覇(合計6度の優勝)に向けて正しい軌道の上にとどまるために十分だった、ということになる。

 「彼のようなビッグサーバーに対して2つのタイブレークを制したというのは非常によい勝利であり、大きな自信につながる」とジョコビッチは言った。(C)AP


【15日試合結果】※現地時間

第1試合 ○ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[2] 6-3 1-6 6-4 ●ボブ・ブライアン/マイク・ブライアン(アメリカ)[3]

第2試合 ○ドミニク・ティーム(オーストリア)[8] 6-3 1-6 6-4 ●ガエル・モンフィス(フランス)[6]

第3試合 ○イバン・ドディグ/マルセロ・メロ(クロアチア/ブラジル)[6] 7-5 6-4 ●トリート・ヒューイ/マックス・ミルニー(フィリピン/ベラルーシ)[8]

第4試合 ○ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2] 7-6(6) 7-6(5) ●ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[4]

【16日試合予定】

第1試合(12時開始)ヘンリー・コンティネン/ジョン・ピアース(フィンランド/オーストラリア)[5] vs レイブン・クラーセン/ラジーブ・ラム(南アフリカ/アメリカ)[7] 

第2試合(14時以降)アンディ・マレー(イギリス) [1] vs 錦織圭(日本)[5]

第3試合(18時以降)ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[1] vs フェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス(スペイン)[4]

第4試合(20時以降)スタン・ワウリンカ(スイス)[3] vs マリン・チリッチ(クロアチア)[7]

※写真は「ATPファイナルズ」ラウンドロビン第2戦に勝利し、通算2勝で準決勝一番乗りのノバク・ジョコビッチ(セルビア)

GAORA SPORTSは「ATPファイナルズ」シングルス全試合を連日完全生中継

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

2017.09.20

ラインジャッジは不必要か、ATPが完全自動ライン判定をテスト