ATP(男子ツアー)

初出場同士の対戦はティームが勝利 [ATPファイナルズ]

 世界トップ8によるエリート大会「バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ」(イギリス・ロンドン/賞金総額750万ドル/室内ハードコート)の第3日、シングルスはイワン・レンドル・グループのラウンドロビン(総当たり戦)の第2戦を行った。

 初出場同士の顔合わせとなったデイセッションでは、世界ランキング8位のドミニク・ティーム(オーストリア)が同6位のガエル・モンフィス(フランス)を6-3 1-6 6-4で破り、通算成績を1勝1敗とした。モンフィスは2連敗と苦しくなった。

 今年、ATPファイナルズにデビューした2人はともに初戦を落とした。ティームはノバク・ジョコビッチ(セルビア)から第1セットを奪いながら、第2セット以降は粗さが目立つ試合となった。脇腹を痛めてマスターズ・パリ大会を欠場したモンフィスはコンディションが万全でないのか、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に完敗した。

 環境にも慣れたのか、この第2戦では両者が持ち味を出した。

 第1セットを落としたモンフィスは第2セットは持ち前の粘り腰を見せ、カウンターショットの連発で観客を沸かせた。ティームは3セットでウィナーが20本と、アンフォーストエラーの19本を上回った。初戦では「ラリーの最初のほうでエラーをしてしまうことが多すぎた」と悔やんだが、「ミスを避けて少し落とした」ことが功を奏し、安定感が増した。

 最終セット終盤に明暗が分かれた。モンフィスが4-5からのサービスゲームで3度のダブルフォールトと自ら崩れ、初勝利がティームに転がり込んだ。今季のティームは最終セットにもつれた試合で21勝3敗と大きく勝ち越していた。3セットの総獲得ポイントが両者74で並んだこの試合でも、その勝負強さを発揮した。

 ティームはこの勝利で今年の最終ランキング8位以内が確定した。トップ8から陥落するのは、今大会に出ていないラファエル・ナダル(スペイン)だ。ロジャー・フェデラー(スイス)は16位までランキングを落としている。順位の変動がないまま来年の全豪を迎えれば、ナダルもフェデラーも上位8シードに入れない。故障も影響したランキングの変動とはいえ、ビッグ4が君臨した男子ツアーが徐々に新しい時代に移行しているのは間違いない。

 初戦で敗れたあと、「勝敗は別にして、トップ10プレーヤーと3戦できるのはよい経験になる」と話したティーム。1勝1敗で迎えるラオニッチとの第3戦は出場選手最年少の23歳にとって、またとないチャレンジの機会となる。

テニスマガジン/ライター◎秋山英宏)

【15日試合結果】※現地時間

第1試合 ○ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[2] 6-3 1-6 6-4 ●ボブ・ブライアン/マイク・ブライアン(アメリカ)[3]

第2試合 ○ドミニク・ティーム(オーストリア)[8] 6-3 1-6 6-4 ●ガエル・モンフィス(フランス)[6]

第3試合 ○イバン・ドディグ/マルセロ・メロ(クロアチア/ブラジル)[6] 7-5 6-4 ●トリート・ヒューイ/マックス・ミルニー(フィリピン/ベラルーシ)[8]

第4試合(20時以降)ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2] vs ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[4]

【16日試合予定】

第1試合(12時開始)ヘンリー・コンティネン/ジョン・ピアース(フィンランド/オーストラリア)[5] vs レイブン・クラーセン/ラジーブ・ラム(南アフリカ/アメリカ)[7] 

第2試合(14時以降)アンディ・マレー(イギリス) [1] vs 錦織圭(日本)[5]

第3試合(18時以降)ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[1] vs フェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス(スペイン)[4]

第4試合(20時以降)スタン・ワウリンカ(スイス)[3] vs マリン・チリッチ(クロアチア)[7]

※写真は「ATPファイナルズ」のラウンドロビン第2戦、ドミニク・ティーム(右)がガエル・モンフィス(左)を破る

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

「ウィンブルドン」で8度目、グランドスラムでは19度目の優勝カップを手にしたロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

「長い道のりだった」----フェデラーが記録破りの8度目タイトル獲得 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」で8度目の優勝、グランドスラム全体では19度目のタイトル獲得を果たしたロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.18

「最近は、あまり先のことは考えられない」とフェデラー

全米オープン, USOPEN

2017.07.21

サーブ・着替え・ウォームアップ〈時計〉を予選で試験的に採用 [全米オープン]

※写真は「スウェーディッシュ・オープン」(スウェーデン・バスタッド)で決勝に進出した第8シードのダビド・フェレール(全仏オープンでのもの) Photo:PARIS, FRANCE - MAY 29: David Ferrer of Spain plays a forehand during the mens singles first round match against Donald Young of The United States on day two of the 2017 French Op

2017.07.23

ある男がナチの敬礼で準決勝を中断させる珍事 [スウェーディッシュ・オープン]