マイページ

ATP(男子ツアー)

マレーが世界1位となって初めての勝利、次は錦織と対戦 [ATPファイナルズ]

 世界トップ8によるエリート大会「バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ」(イギリス・ロンドン/賞金総額750万ドル/室内ハードコート)で初めて世界1位の選手としてコートに立ったアンディ・マレー(イギリス)は、その仕事をきっちりやってのけた。

 ウィンブルドン・チャンピオンのマレーはラウンドロビン(総当たり戦)の初戦で簡単ではない戦いを強いられたが、最後にはマリン・チリッチ(クロアチア)を6-3 6-2で凌駕し、O2アリーナの母国の観客の前で勝利を挙げた。

 「このような観客のいる、このスタジアムでプレーできるというのは素晴らしいこと。もちろん助けになるよ」とマレーは言った。「このような雰囲気の中で年を終えることができるというのはいいものだね」。

 マレーは先週、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に代わって世界1位の座を引き継いだ。しかし年末ランキングで1位になるためには戦い続けなければならず、この大会でマレーとジョコビッチの双方が決勝に進んだ場合には、そこでどちらが首位で年を終えるかが決められることになる。

 しかし、それを達成するという目標がマレーの心に重くのしかかるようなことはないようだ。

 「ここ数日、そのことについてはあまり考えていなかった」とマレーは言った。「僕にとって大した違いはないさ」。

 それは間違いなく、彼のプレーに影響を与えてはいなかった。

 マレーは今季、キャリア最高となる8つのタイトルを勝ち獲っている。その中には7月のウィンブルドン優勝や、8月のリオ・オリンピック金メダル(ロンドン五輪に続く2大会連続の金メダル)も含まれている。以来、彼は北京、上海、ウィーン、パリで優勝を遂げた。

 この月曜日の最新の勝利は、スコアが見せるほど簡単なものではなかった。チリッチに対する第1セットでマレーはサービスをキープするのに苦労したが、最終的に試合を通して5度直面したブレークポイントのうち4度をセーブ。そして反対にチリッチのサービスゲームでつかんだ5度のブレークポイントのうち、4度をものにした。

 「より踏み込んで積極的にいくべきだったときにそうしなかった。より長く辛抱して待つべきときに、僕は待っていなかった」と2014年全米チャンピオンのチリッチは言った。

 「よりいい感触でボールを打つことはできたはずだった。3-6 2-6で負けたのは、やや不運だったと思う。第1セットは実際にはもっとずっと競っているように感じられた。それに第2セットの出だしにも、僕は幾つかのチャンスをつかんでいたんだ。でも必要なことがやれなかった」

 マレーがいるグループ・ジョン・マッケンローは16日(水)にラウンドロビンの2試合目を戦う。マレーは、初戦でスタン・ワウリンカ(スイス)を6-2 6-3で破った錦織圭(日清食品)と対戦する。一方、ワウリンカはチリッチと対戦する予定だ。(C)AP(テニスマガジン)

【14日試合結果】※[ ] 数字はシード順位

第1試合 ○レイブン・クラーセン/ラジーブ・ラム(南アフリカ/アメリカ)[7] 7-5 6-4 ●ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[1]

第2試合 ○錦織圭(日本)[5] 6-2 6-3 ●スタン・ワウリンカ(スイス)[3]

第3試合 ○ヘンリー・コンティネン/ジョン・ピアース(フィンランド/オーストラリア)[5] 6-3 7-6(7) ●フェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス(スペイン)[4]

第4試合 ○アンディ・マレー(イギリス) [1] 6-3 6-2 ●マリン・チリッチ(クロアチア)[7]

【15日試合予定】※現地時間

第1試合(12時開始)ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[2] vs ボブ・ブライアン/マイク・ブライアン(アメリカ)[3]

第2試合(14時以降)ガエル・モンフィス(フランス)[6] vs ドミニク・ティーム(オーストリア)[8]

第3試合(16時以降)イバン・ドディグ/マルセロ・メロ(クロアチア/ブラジル)[6] vs トリート・ヒューイ/マックス・ミルニー(フィリピン/ベラルーシ)[8]

第4試合(20時以降)ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2] vs ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[4]

【16日試合予定】

第1試合(12時開始)ヘンリー・コンティネン/ジョン・ピアース(フィンランド/オーストラリア)[5] vs レイブン・クラーセン/ラジーブ・ラム(南アフリカ/アメリカ)[7] 

第2試合(14時以降)アンディ・マレー(イギリス) [1] vs 錦織圭(日本)[5]

第3試合(18時以降)ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[1] vs フェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス(スペイン)[4]

第4試合(20時以降)スタン・ワウリンカ(スイス)[3] vs マリン・チリッチ(クロアチア)[7]

Photo: LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 14: Andy Murray of Great Britain is interviewed following victory in his men's singles match against Marin Cilic of Croatia on day two of the ATP World Tour Finals at at O2 Arena on November 14, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

GAORA SPORTSは「ATPファイナルズ」シングルス全試合を連日完全生中継

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)のシングルスで予選からベスト4進出を決めた加藤未唯

2017.09.15

加藤未唯が自身初のツアー準決勝進出「最後まで気持ちがぶれずにできた」 [JAPAN WOMEN'S OPEN]

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第2試合でブラジルのチアゴ・モンテーロをフルセットで倒した添田豪 Photo: OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Go Soeda of Japan celebrates after winning his singles match against Thiago Monteiro of Brazil during day one of the Davis Cup World Group

2017.09.15

添田豪が相手エースのモンテーロをフルセットで倒し、日本が初日2勝 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]