ATP(男子ツアー)

ベルディヒがソウザを破り3回戦進出 [BNPパリバ・マスターズ]

 フランス・パリで開催されている「BNPパリバ・マスターズ」(ATP1000/10月31日~11月6日/賞金総額374万8925ユーロ/室内ハードコート)のシングルス2回戦で、第7シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)がジョアン・ソウザ(ポルトガル)を6-3 3-6 7-5で下して3回戦に駒を進めた。

 第3セット4-4からのサービスでベルディヒは15-40と劣勢に置かれていたが、そこから2つのブレークポイントをしのいで勝利をつかんだ。最終的に14本のサービスエースを決めている。

 先月、中国・深圳で優勝しているベルディヒだが、その後、東京(楽天ジャパン・オープン)、上海、ウィーンの初戦負けにより、著しく調子を落としている。

 これらの早期敗退により多くのランキング・ポイントを落としたため、ベルディヒはウィンブルドンで決勝に進んだ2010年以来、初めてトップ10から落ちることになった。そのせいで彼がロンドンで行われる「ATPファイナルズ」に出場するチャンスをつかむには、ここパリで準決勝に進出しなければならない。彼が準々決勝で現在好調のアンディ・マレー(イギリス)と対戦するかもしれないことを考えると、それは極めて難しい任務に見える。

 2005年大会で優勝しているベルディヒは3回戦で、ジル・シモン(フランス)と第10シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)の勝者と対戦する。

 ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)が故障のためすでに今シーズンを終えた今、「ATPファイナルズ」の出場枠は8席のうち6席が埋まっている状況だ。出場を決めているのはランキングの上から、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、マレー、スタン・ワウリンカ(スイス)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、錦織圭(日清食品)、ガエル・モンフィス(フランス)だ。そして残り2席を7人の選手たちが争っている。

 出場権を巡るレース・ランキングで8位のドミニク・ティーム(7位のナダルは除外)と先週のスイス・バーゼルで優勝した9位のマリン・チリッチ(クロアチア)は、今大会開始前には最後の2席を占めていた。しかし、今大会でプレー中のベルディヒ、ダビド・ゴファン(ベルギー)、ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)、ルカ・プイユ(フランス)、バウティスタ アグートも、ここでの成績とライバルたちの成績次第でまだ最後の2席に食い込むチャンスを擁している。

 1日(月)に行われた2回戦は、ベルディヒ戦のほかに3試合。第14シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)はマルコス・バグダティス(キプロス)から6-3とセットを奪った時点でバグダティスが棄権して勝利したほか、第12シードのリシャール・ガスケ(フランス)がスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を6-4 7-6(11)で、第4シードのラオニッチはパブロ・マレーニョ ブスタ(スペイン)を7-6(5) 6-4で倒して3回戦に進んだ。

 また1回戦は7試合が行われ、ジル・ミュラー(ルクセンブルク)、イボ・カルロビッチ(クロアチア)、ニコラ・マウ(フランス)、ジャック・ソック(アメリカ)、ビクトル・トロイツキ(セルビア)、ジョン・イズナー(アメリカ)、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)が勝ち上がっている。

 イズナーはミーシャ・ズベレフ(ドイツ)に対して14本のサービスエースを決めて、7-6(8) 6-4で倒した。イズナーの2回戦の相手は第15シードのダビド・フェレール(スペイン)となる。フェレールはイズナーと過去に8度対戦して7度破っているが、イズナーが勝った唯一の試合が、5年前のここパリでの準々決勝だった。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: PARIS, FRANCE - NOVEMBER 01: Tomas Berdych of Czech Republic reacts during his first Men's first round match against Jao Sousa of Portugal on day two of the BNP Paribas Masters at Palais Omnisports de Bercy on November 1, 2016 in Paris, France. (Photo by Aurelien Meunier/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

「ウィンブルドン」で8度目、グランドスラムでは19度目の優勝カップを手にしたロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

「長い道のりだった」----フェデラーが記録破りの8度目タイトル獲得 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」で8度目の優勝、グランドスラム全体では19度目のタイトル獲得を果たしたロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.18

「最近は、あまり先のことは考えられない」とフェデラー

全米オープン, USOPEN

2017.07.21

サーブ・着替え・ウォームアップ〈時計〉を予選で試験的に採用 [全米オープン]

※写真は「スウェーディッシュ・オープン」(スウェーデン・バスタッド)で決勝に進出した第8シードのダビド・フェレール(全仏オープンでのもの) Photo:PARIS, FRANCE - MAY 29: David Ferrer of Spain plays a forehand during the mens singles first round match against Donald Young of The United States on day two of the 2017 French Op

2017.07.23

ある男がナチの敬礼で準決勝を中断させる珍事 [スウェーディッシュ・オープン]