マイページ

ATP(男子ツアー)

ツォンガが目まいの症状を訴えて初戦で敗退 [チャイナ・オープン]

 中国・北京で開催されている「チャイナ・オープン」(ATP500/ハードコート)。

 月曜日に行われた1回戦で、第8シードのジョーウィルフライ・ツォンガ(フランス)がアンドレアス・ヘイダー マウアー(ドイツ)に7-6(4) 4-6 3-6で敗れた。

 試合後のツォンガは目まいの症状を訴えており、月曜日の北京の大気汚染の影響かと聞かれると、プレーに影響があったと話している。アメリカ大使館の観測によれば、午後遅くにはPM2.5が292という指数を示しており、「非常に不健康」な状況を示していた。

 「酸素が自分にとって十分だったかどうかはわからない」とツォンガ。「今日の僕には対戦相手がいて、彼は僕より少しいい感じだったみたいだからね」。

 そのほかの1回戦では、第7シードのダビド・ゴフィン(ベルギー)がアンドレアス・セッピ(イタリア)を6-2 6-3で、ファビオ・フォニーニ(イタリア)がマルティン・クーリザン(スロバキア)を6-2 6-1で、地元ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の219位のジャン・ザ(中国)は70位のデニス・イスタミン(ウズベキスタン)を6-3 1-6 6-3で下し、それぞれ勝ち上がった。

 また、第5シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)はビクトル・トロイツキ(セルビア)に4-6 4-6で敗れている。(C)AP

Photo: BEIJING, CHINA - OCTOBER 05: Jo-Wilfried Tsonga of France is treated after an injury during her game against Andreas Haider-Maurer of Austria during the Men's singles first round match on day three of the 2015 China Open at the China National Tennis Centre on October 5, 2015 in Beijing, China. (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu