マイページ

その他

ドルフィンズのステファン・ロスがマイアミ・オープン移転に関心

 アメリカン・フットボールのチーム、マイアミ・ドルフィンズのオーナーであるステファン・ロスは、テニスの「マイアミ・オープン」会場をチームのホームであるスタジアムに移すことに興味を示している。彼の提案について現在、協議が行われていると、この一件に詳しい人物は言った。

 この情報提供者は、大会とドルフィンズがまだ何も声明を出していないことを考慮し、匿名にするという条件で話し合いが行われていることをAP通信に認めた。この人物によれば、ロスは大会を買取しはしないが、この大会を南フロリダにとどめることを願っているため、スタジアム、テニス・センターに投資するつもりであるという。

 大会は1987年以来、アメリカ・フロリダ州のマイアミ中心街にほど近い、キービスケーン島で開催されてきた。しかし、2015年に会場をアップグレードするための改装工事の案が法廷によって却下されて以来、大会の未来は疑問に付されてきた。

 マイアミ・オープンが別の会場に移るかもしれないという憶測は、もう一年以上漂っている。新会場の候補地に関する噂に至っては南米から中国までさまざまだったが、大会のオフィシャルはマイアミにとどまると言っている。

 同大会で3度優勝したことのあるビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)は南フロリダに住んでおり、妹セレナはドルフィンズの株主のひとりでもある。ビーナスは日曜日の3回戦に勝ったあと、大会を自分のスタジアムに移すというロスの関心について、尋ねられた。

 「彼はテニスが大好きで、私もテニスが大好きだから、そうね、大会を南フロリダにとどめましょうよ」とビーナスは言った。「もしそれがうまくいくなら、すごくいいと思うわ」。

 IMGによって所有されるこの大会は、毎年30万人の観客を惹きつけている。(C)AP

※写真はアメリカ・フロリダ州マイアミ・キービスケーンで開催されている「マイアミ・オープン」。現在、会場移転の話がある。
Photo: KEY BISCAYNE, FL - MARCH 26:  Rafael Nadal of Spain serves against Philipp Kohlscreiber of Germany during Day 7 of the Miami Open at Crandon Park Tennis Center on March 26, 2017 in Key Biscayne, Florida.  (Photo by Al Bello/Getty Images)

その他の関連記事

PAGE TOP
menu