その他

日本ラウンドが終了、ジャパン・ウォリアーズはホームで2勝目ならず [Coca-Cola IPTL]

 テニス界の新旧トップスターがアジアに集う国際団体戦「コカコーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ(Coca-Cola IPTL)」が埼玉県さいたま市のさいたまスーパーアリーナ(12月2~4日)で開幕した。第1戦となる〈日本ラウンド〉の最終日は、第1試合がUAEロイヤルズとインディアン・エーシーズ、第2試合はジャパン・ウォリアーズとシンガポール・スラマーズの対戦が行われた。

 グランドスラムのダブルスで11回優勝の実績を誇るマヘシュ・プバシ(インド)が2014年に創設した「Coca-Cola IPTL」。開催地の名前を冠したチームが戦う団体戦方式で、3年目の今年は、〈日本〉〈シンガポール〉〈インド〉の順に、計3ヵ国を12月2日(金)から11日(日)まで転戦し、優勝タイトルを争う。

 大会フォーマットは男女シングルス、男子ダブルス、ミックスダブルス、レジェンドシングルスの5種目で構成される。各対戦は特別ルールで6ゲーム先取の1セットマッチ(5-5からは7ポイント先取のタイブレーク:シュートアウトを採用)を戦い、5試合のゲーム数の合計で勝敗を決めるルールとなっている。

◇   ◇   ◇

【試合結果】

〈12月4日(日) 日本ラウンド DAY3〉

第1試合

UAEロイヤルズ 30-20 インディアン・エーシーズ

レジェンドシングルス
トーマス・ヨハンソン(スウェーデン)6-3 マーク・フィリポーシス(オーストラリア)

女子シングルス

混合ダブルス
パブロ・クエバス(ウルグアイ)/マルチナ・ヒンギス(スイス)6-4 ロハン・ボパンナ(インド)/サーニャ・ミルザ(インド)

男子シングルス

男子ダブルス
ダニエル・ネスター(カナダ)/パブロ・クエバス(ウルグアイ)6-6 フェリシアーノ・ロペス(スペイン)/ロハン・ボパンナ(インド)

※最終セットを獲得したチームがその時点で負けている場合、相手チームと獲得合計ゲーム数が並ぶまでそのセットを続けることができる特別ルールとなっている。

--------------------

第2試合

ジャパン・ウォリアーズ 23-27 シンガポール・スラマーズ

女子シングルス
エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)2-6 キキ・バーテンズ(オランダ)

混合ダブルス
ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)/エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)6-5(2) ニック・キリオス(オーストラリア)/キキ・バーテンズ(オランダ)

レジェンドシングルス
マラト・サフィン(ロシア)1-6 カルロス・モヤ(スペイン)

男子ダブルス
錦織圭(日本/日清食品)/フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)5-6(6) ニック・キリオス(オーストラリア)→マルコス・バグダティス(キプロス)/マルセロ・メロ(ブラジル)

男子シングルス
錦織圭(日本/日清食品)9-4 ニック・キリオス(オーストラリア)

※大会特別ルールにより6-3から継続

◇   ◇   ◇

【大会スケジュール】

第2開催地◎シンガポール(シンガポール) 12月6日(火)~8日(木)

第3開催地◎インド(ハイデラバード) 12月9日(金)~11日(日) 


※写真は男子ダブルスに出場したジャパン・ウォリアーズ錦織圭(手前)/フェルナンド・ベルダスコ(奥)

その他の関連記事

PAGE TOP
menu