マイページ

その他

盛田正明氏が国際テニス殿堂「功労賞」を受賞、日本人2人目

 日本テニス協会は27日、同協会名誉会長の盛田正明氏(89歳)が、国際テニス殿堂(International Tennis Hall of Fame)の功労賞(Golden Achievement Award)を受賞したと発表した。

 この賞はテニス界に国際的な貢献を果たした人物に贈られるもので、国際テニス連盟(ITF)と国際テニス殿堂が合同で授与するもの。1999年より昨年までの17年にわたり、年に1名ずつが選出されており、日本人としては2005年に同協会副会長だった川廷榮一氏(故人)が受賞し、今回が2人目となった。

 表彰式は、「楽天ジャパンオープン」(ATP500/10月3~9日/有明コロシアムほか)期間中の10月4日(火)、有明コロシアムの第4試合後にITFのデビッド・ハーガティ会長出席のもと、執り行われる予定。



※写真は2006年全仏オープン・ジュニアの男子ダブルスで優勝した錦織圭(当時16歳)と盛田正明氏。盛田氏は日本テニス協会会長となった2000年以降、日本のジュニア育成を支援するため、私財を投じて「盛田ファンド」を設立。錦織もその支援を受けた一人

その他の関連記事

PAGE TOP
menu