マイページ

その他

シャラポワが錦織、ロディックなどと12月に真剣勝負のエキシビションマッチをロサンゼルスで開催

 マリア・シャラポワ(ロシア)がロサンゼルス・アリーナにトップレベルのテニスのイベントを取り戻した。

 シャラポワはグランドスラムで5度優勝の実績を持つトップ選手。彼女がホスト役となったイベントが、12月のUCLAテニスセンターで行われることになった。参加者は2003年全米オープン優勝のアンディ・ロディック(アメリカ)をはじめ、錦織圭(日清食品)やジャック・ソック(アメリカ)、マディソン・キーズ(アメリカ)、ローラ・ロブソン(イギリス)となっている。

 イベントは2日間に渡って行われ、シャラポワがキーズと、錦織はソックと対戦。ロディックもまた、1989年全仏オープンの優勝者で、現在は錦織のコーチを務めているマイケル・チャン(アメリカ)とプレーする予定になっているという。

 シャラポワはあくまでも真面目に戦うつもりであると言い、ほかの選手たちも同じであってほしいと思っているという。

 「私はそれぞれの選手たちが大きな大会、全豪オープンに備えての準備ができるような形にしたいし思っているし、それぞれの選手たちには戦うため準備ができている状態だと思う。私は、あくまでもシリアスなスタイルでのイベントを望んでいる」とシャラポワは話している。彼女は右脚の故障でこの2週間ほどは大会から遠ざかっている。

 「私たちがエキシビションマッチに出場するときには、笑いながらボールを打っていることが多い。それはそれぞれの選手たちのパーソナリティをわかってもらうには素晴らしい機会だと思う。でも、同時にその頃の私たちは戦うための準備をしているところでもあるのよ」と彼女はつけ加える。「大事なことは、私たちが戦えるレベルでコートに立つことで、ファンのみなさんもそれを期待していると思う。選手たちにはそれを理解した上で、このイベントの一員になってほしい」。

 もちろん、すべてを「シリアス・スタイル」するつもりではないともシャラポワは言う。イベントの合間にはコメディ・ショーを挟んだり、コメディ女優として知られるチェルシー・ハンドラーをはじめとした有名人たちによるテニスの試合も行われる予定だ。

 ロサンゼルスではかつてWTAツアーの大会が開催されていたが、2009年を最後に移転。また、WTAツアー最終戦も2002年から2005年にかけて開催されていた。

 「ロサンゼルスには素晴らしいスポーツ・コミュニティが存在する。でも、テニスはその中には入っていない状態が続いている」とシャラポワは言う。

 彼女は全豪オープンの開幕まで1ヵ月の時点で行われるこのイベントを、恒例行事にしたいと考えているという。

「最初の年は、どうなっていくかを見る素晴らしい機会だと思う」とシャラポワ。「このイベントのために、今まで長い間をかけてつくり上げてきた。私たちはみんなが見たいと思うような、ハイクオリティのイベントをつくりたいと思っている」。(C)AP

※写真はウィンブルドンでのシャラポワ
Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 07:  Maria Sharapova of Russia celebrates winning her Ladies Singles Quarter Final match against Coco Vandeweghe of the United States during day eight of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 7, 2015 in London, England.  (Photo by Ian Walton/Getty Images)

その他の関連記事

PAGE TOP
menu