その他

ベリスがこの3年で2人目となるアメリカ女子のジュニア世界ナンバーワンに

 アメリカの “CiCI” キャサリン・ベリス(アメリカ)が、今季のジュニアの年度世界ナンバーワンの座を決めた。

 15歳のベリスは今年の全米オープンで、全豪オープンの準優勝者のドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を1回戦で破ってセンセーションを巻き起こした選手。グランドスラムでは1996年のアンナ・クルニコワ(ロシア)以来、最年少での勝利だった。

 また、ベリスはUSTAの18歳以下のナショナル・チャンピオンシップで優勝し、全米オープンでのワイルドカード(主催者推薦枠)を得て出場を果たした選手でもあり、1991年のリンゼイ・ダベンポート(アメリカ)以来の最年少優勝者だった。

 アメリカ女子では、2012年のテイラー・タウンゼント(アメリカ)に次いで、ベリスがこの3年で2人目となるジュニアの年度世界ナンバーワンについたことになる。

 ベリスは金曜日にオレンジ・ボウルの準々決勝に勝ったことで、年度ナンバーワンを決めた。(C)AP

Photo:NEW YORK, NY - AUGUST 28: Catherine 'CiCi' Bellis of the United States reacts against Zarina Diyas of Kazakhstan during their women's singles second round match on Day Four of the 2014 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 28, 2014 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Chris Trotman/Getty Images for USTA)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu