国内ニュース

2017年度前期ナショナルメンバー発表、新規プロ11選手承認

 9日、日本テニス協会(JTA)は東京・岸記念体育館で「第12回常務理事会」を開催し、下記の通り、11選手のプロ申請を承認した。各選手は4月1日よりプロ活動を開始する。また2017年度前期ナショナルメンバーも発表された。
【新規プロフェッショナル登録申請の件】
トーナメント
西脇一樹(CLIMB Factory)
小堀桃子(橋本総業ホールディングス)
荒川晴菜(TTC)
林恵里奈(福井県体育協会)
カジュール・アンジュオヴィ(Team YUKA)
清水綾乃(フリー)
加治遥(園田学園女子大学)
レジスタード
吉田元樹(TTC)
高村颯希(Serbian Tennis Bridge)
相川真侑花(テニスユナイテッド)
一藤木良平(ワールド航空サービス)
【2017年度前期ナショナルメンバーの件】
男子ナショルチーム
錦織圭(日清食品)
西岡良仁(ミキハウス)
杉田祐一(三菱電機)
ダニエル太郎(エイブル)
添田豪(GODAI)
伊藤竜馬(北日本物産)
内山靖崇(北日本物産)
男子ユースチーム
綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)※新規
山﨑純平(日清紡ホールディングス)
中川直樹(IMG Tokyo)
女子ナショルチーム
土居美咲(ミキハウス)
大坂なおみ(日清食品)
日比野菜緒(LuLuLun)
奈良くるみ(安藤証券)
尾﨑里紗(江崎グリコ)※ユースより昇格
加藤未唯(佐川印刷)※ユースより昇格
穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)
青山修子(近藤乳業)
森田あゆみ(安藤証券)
伊達公子(エスティックTBC)
女子ユースチーム
江口実沙(北日本物産)
桑田寛子(島津製作所)
澤柳璃子(ミキハウス)
日比万葉(安藤証券)
大前綾希子(島津製作所)※新規
二宮真琴(橋本総業ホールディングス)
[JTA補足]
※ナショナルチームはデ杯・フェド杯代表チームとATP・WTAランキング上位の選手。
※ユースチームは将来的にナショナルチームに入る実力を有する若手ほかの選手。
※発表時の最新ATP/WTAシングルスランキング順。
※写真は日本の男女ナショナルメンバーの牽引役でもある錦織圭(世界ランキング5位)

Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 08: Kei Nishikori of Japan answers questions from the worlds media at the ATP Tour all access hour during day three of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 8, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)でともに2度目のミックスダブルス優勝を果たしたジェイミー・マレー(左)とマルチナ・ヒンギス(右) Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 16: Jamie Murray of Great Britain and partner Martina Hingis of Switzerland celebrate championship point and victory during the Mixed Doubles final match

2017.07.17

ジェイミー・マレーとヒンギスがともに2度目のミックスダブルス優勝 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)

2017.07.17

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス準決勝でトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を破り、11度目の決勝進出を果たしたロジャー・フェデラー (スイス)

2017.07.15

フェデラーがベルディヒを下して11度目の決勝進出 [ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」準々決勝で第11シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)との試合を右肘の故障により途中棄権した第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)。記者会見で休養を示唆した。

2017.07.13

ジョコビッチが長期の休養を示唆 [ウィンブルドン]

ロジャー・フェデラー

2017.07.14

【速報】ウィンブルドン第11日