マイページ

国内ニュース

混合ダブルスは綿貫裕介/二宮真琴が3連覇を達成 [第91回 三菱 全日本テニス選手権]

 「三菱 全日本テニス選手権91st」(本戦10月22~30日/2846万円/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の混合ダブルス決勝で、第1シードの綿貫裕介/二宮真琴(ともに橋本総業ホールディングス)が近藤大生(エキスパートパワーシズオカ)/久見香奈恵(橋本総業ホールディングス)を6-2 6-1で下して優勝を飾った。

 綿貫と二宮は初優勝を果たした2014年から3連覇を達成。昨年の決勝は江原弘泰(日清紡ホールディングス)/鮎川真奈(橋本総業ホールディングス)が棄権したため、不戦勝で2連覇が決まっていた。

 今大会での綿貫/二宮は、1回戦で岡村一成/岡村恭香(ともにストライプインターナショナル)を6-1 6-4で、準決勝では上杉海斗(慶應義塾大学)/林恵里奈(早稲田大学)を6-4 6-4で破って決勝進出を決めていた。

 綿貫はシングルスで初優勝を果たした弟の綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)とのダブルスでも決勝進出を決めており、こちらも大会連覇をかけて第3シードの奥大賢/長尾克己(ともにエキスパートパワーシズオカ)との対戦を控えている。

◇   ◇   ◇

【混合ダブルス決勝】

○1綿貫裕介/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)[1] 6-2 6-1 ●6近藤大生/久見香奈恵(エキスパートパワーシズオカ/橋本総業ホールディングス)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位


※写真は混合ダブルスで3連覇を達成した綿貫裕介(右)/二宮真琴

テニスデイリーのおすすめ

PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

練習を再開した錦織圭(ウィンブルドンのときのもの)

2017.10.21

右手首故障の錦織圭がラケットを使用した練習を再開

「ストックホルム・オープン」でベスト8進出を決めた杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.19

杉田が元世界8位を破りベスト8進出。デル ポトロとの対戦が濃厚[ストックホルム・オープン]

「上海ロレックス・マスターズ」優勝を飾ったフェデラー

2017.10.15

フェデラーが王者ナダルを圧倒しマスターズ通算27個目のタイトルを獲得[上海ロレックス・マスターズ]

「ストックホルム・オープン」で2回戦へ進出した杉田祐一(楽天ジャパンオープンのときのもの)

2017.10.17

杉田が大逆転で2回戦進出へ[ストックホルム・オープン]

「上海ロレックス・マスターズ」で優勝したフェデラーと準優勝のナダル

2017.10.16

フェデラーとナダルのライバル関係は熱いまま