マイページ

国内ニュース

「ユニクロ30周年感謝祭」に錦織が登場

 錦織圭(日清食品)がプランタン銀座(東京都中央区)で、ウェア契約を結ぶユニクロの30周年感謝祭に出席した。錦織はユニクロのグローバルブランドアンバサダーでもある。

 

 ユニクロは1984年の広島1号店にはじまり、現在は世界で1500店舗を数えるグローバル企業。30周年にちなみ、30歳のときはどうなっているかと聞かれた錦織は、「想像は難しいけど、よりトップにいられるようになっていたい。経験も踏んで脂ものりきった時期なので、その頃にはランキングも上がっているといいですね」と笑顔で答えた。

 

 ユニクロと言えば、世界1位のノバク・ジョコビッチもウェア契約を結んでいる。ジョコビッチについて錦織は、「同じスポンサーでやりづらさはあります。ロンドン(ツアーファイナル)では負けてしまったけど、いつもいい勝負になりますが、尊敬できる選手のひとりなので、毎回対戦が楽しみです」と話した。

 

ユニクロ商品をプレゼントされる錦織

 

 ユニクロのゲームウェアについては「とてもいいですね。生地がいいし、汗もすぐに吸い取って乾いてくれる。テニスは動きがとても速く、大きな動きも多いのですが、その邪魔をしない。プレーに影響なく、肌触りもとてもいい。体にフィットしています」と絶賛した。

 

 最後はユニクロの店員と記念撮影。「これからもユニクロさんとともに世界のトップ、もっと上を目指して頑張っていきたい」と会見を締めくくった。

 

※トップ写真はユニクロ店員との記念撮影

 

テニスマガジン/Tennis Magazine

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu