マイページ

ジュニア

オーストラリアが韓国を下して優勝、日本はインドネシアに敗れて6位 [ワールドジュニアU14 アジア・オセアニア最終予選/女子]

「ワールドジュニア アジア・オセアニア予選(男女14才以下 国別対抗戦)」(タイ・バンコク/3月27日~4月1日/ハードコート)の女子大会の最終日は決勝トーナメントの決勝などが行われ、オーストラリア(グループD・2位)が韓国(グループA・1位)を2-0で下して優勝を飾った。
 決勝トーナメント1回戦で敗れた日本は5位から8位までの順位決定戦へ。初戦でフィリピン(グループA・2位)を2-1で下してインドネシア(グループC・2位)との5位決定戦に臨んだが、1-2で敗れて6位が確定した。
 この大会の上位進出国(出場枠は男女各4ヵ国)はワールドジュニア決勝大会(8月7~12日/チェコ・プレステヨフ)の出場権を獲得する。昨年は男子が3位、女子は準優勝となり、男女揃って世界大会に出場。先に行われた男子の部(3月20~25日)では日本が準優勝を果たし、決勝大会出場を決めていた。
※国名の左に付いている数字はドロー番号
◇   ◇   ◇
ワールドジュニア女子日本代表
監督◎濵裕一郎
選手◎森岡きらら(奈良国際TC)、松田絵理香(SSAレニックス)、長谷川愛依(木曽川LTC)
<決勝トーナメント結果>
【決勝】
●1韓国(グループA・1位)0-2 ○7オーストラリア(グループD・2位)
--------------------
【3-4位決定戦】
○中国(グループD・1位)2-1 ●タイ(グループC・1位)
--------------------
【5-6位決定戦】
○1インドネシア(グループC・2位)2-1 ●4日本(グループB・1位)
S2 ●FELICIA HALIM JAYASAPUTRA 2-6 2-6 ○長谷川
S1 ○PRISKA MADELYN NUGROHO 6-4 6-4 ●松田
D ○ANGGI DWI HIDAYATI/NUGROHO 4-6 6-4 [10-5] ●長谷川/松田
--------------------
【7-8位決定戦】
●香港(グループB・2位)1-2 ○フィリピン(グループA・2位)
◇   ◇   ◇
◎最終順位
1位 オーストラリア
2位 韓国
3位 中国
4位 タイ
5位 インドネシア
6位 日本
7位 フィリピン
8位 香港
9位 台湾
10位 インド
11位 ニュージーランド
12位 スリランカ
13位 カザフスタン
14位 ウズベキスタン
15位 マレーシア
16位 ヨルダン

ジュニアの関連記事

PAGE TOP
menu